人気ブログランキング |

<   2008年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

宇治十帖キター!

ヅカ話で恐縮ですが、今年年末の月組公演が『源氏物語』の「宇治十帖」に決定!

 ■源氏物語千年紀頌『夢の浮橋』(仮題)
   宝塚大劇場:2008年11月7日(金)~12月11日(木)
   東京宝塚劇場:2009年予定

源氏物語千年紀年の年末公演にあたり、源氏物語の最終章「宇治十帖」を取り上げ舞台化します。宮中を華やかに彩る貴公子・匂宮、匂宮と兄弟のように育った薫、そして二人の貴公子から想いを寄せられることになる浮舟。三人を巡る切ない恋を、宝塚歌劇らしい華やぎと爽やかさの中に描き出した作品です。

いやあ、今年は千年紀ということで、それに便乗して『源氏物語』関連のものをやるんじゃないかと前々から噂は出ていましたが、まさか「宇治十帖」を持って来るとは…、
渋いというか無謀というか… (~_~;)
しかも、この書き方だと、匂宮=主役、薫=二番手になりそうな気配?(持ち味的にはその方が合ってるとは思うけど…)

まあ、あまりにも長大過ぎてどこをどう切り取るか取捨選択の難しい源氏本編よりは、宇治十帖の方がやり易い面もあるでしょうが(今回は二本立ての内の1本なので上演時間は95分ぐらいですし)、しかし、より現代人の感覚では理解しにくい内容だけに(「切ない」とか「爽やか」とかそういうタイプの話じゃないよ)、よっぽど上手く料理しないと「盛り上がらない」、「どのキャラにも感情移入できない」と激しくツライお芝居になりそうな… (-_-;)

せめてもの救いは作・演出が日本史オタク(?)とおぼしき大野君だということでしょうか。
観世の能楽や南北朝対立とか、普通じゃまず手を出さないような題材を好んで手掛けて来た奇特な方ですから、間違っても、昨年の再演があまりにもひどくてとてもレポを上げる気にもならなかった『あさきゆめみし』の二の舞を演じるようなことだけはないと思うのですが… (^_^;)

何はともあれ、公演は11月とまだまだ先の話ですから、先走って心配するのも野暮というもの。
それに何と言っても大劇場公演では久しぶりの王朝ロマンですし、華やかな平安装束を眺められるだけでもかなり期待大です。
by kiratemari | 2008-02-29 20:16 | エンターテイメント | Trackback | Comments(0)

『篤姫』vol.8「お姫様教育」

舞台が鶴丸城へと移り、さぞかしあんなことやこんなこと(どんなことやねん?)で苦心惨憺な状態になるものと思っていたのですが…。
ちょいと余所見をしている間に見逃してしまったのでしょうか? (^_^;)

☆これからはこういのがスタンダードになるのか?
by kiratemari | 2008-02-28 22:55 | テレビ | Trackback | Comments(2)

早春の尾張・三河の旅 vol.4 野間大坊

c0057946_1951244.jpg


☆ 思わぬ人々との縁も…
by kiratemari | 2008-02-26 20:03 | ├中部 | Trackback | Comments(0)

早春の尾張・三河の旅 vol.3 義朝終焉の地・野間

c0057946_19511314.jpgここのところ何かとバタバタしていたもので、すっかり遅くなってしまいましたが、旅のレポの続きをば…。

熱田神宮を参拝した後はそのまま南へ向かい知多半島へ。先日訪れたセントレアは素通りして、半島の中程よりやや先端寄りの地点「野間」が次なる訪問地。

尾張国智多郡内海(ちたのこおり・うつみ)…と言えば、ピンと来られる方もいらっしゃいますでしょうか。そう、かの源頼朝や義経の父・源義朝が不慮の死を遂げたというその場所でございます。


☆ 恨みと憎しみの因果はめぐり…
by kiratemari | 2008-02-24 00:01 | ├中部 | Trackback | Comments(2)

『篤姫』vol.6「女の道」・vol.7「父の涙」

一泊旅行でリアルタイムに見られなかったことに加え、6話の終わり方がアレでしたので、その落とし所を見定めてから…との思いもあって、あえて前回分については書かなかったのですが…。

衝撃的な出来事のわりに、やけにあっさりとまとめられてしまって、余計にモヤモヤとしたものが残るスッキリとしない後味に… (-_-;)

■一部削除訂正した箇所がございますのでご注意のほどを…m(__)m

☆価値観の違いでは済まされない違和感…
by kiratemari | 2008-02-20 20:40 | テレビ | Trackback | Comments(6)

今年も始まりました!

本日より確定申告の受付がスタート。
これから一ヶ月、また修羅場が待っているのか… (~_~;)

それはさておき、今年は久しぶりの大型税制改革が行われた直後の申告ということで、あれこれ仕組みが変わっている所があるのですが、中でもこれまでに住宅ローン控除を受けて来られた方は大いに注意が必要です。

☆お役所同士で連携してくれれば済むものを…
by kiratemari | 2008-02-18 23:01 | つれづれ | Trackback | Comments(0)

今ドラマが熱い!

数字的にはこの一月期のドラマ事情にはかなり厳しいものがあるようですが、私個人のことで言えば、今期ほどテレビにかじりついてドラマ三昧な日々はいまだかつてなかったように思います。

と言っても、CS放送分も含んでのことですので、よそ様とは多少事情が異なるとは思いますが… (^_^;)

☆特にマイブームの3本をご紹介!
by kiratemari | 2008-02-16 23:06 | テレビ | Trackback | Comments(0)

早春の尾張・三河の旅 vol.2 熱田神宮

 
c0057946_19504246.jpg


☆源氏史跡の第1弾!
by kiratemari | 2008-02-15 20:01 | ├中部 | Trackback | Comments(4)

早春の尾張・三河の旅 vol.1 名古屋城

 
c0057946_19294370.jpg


☆名古屋といえばやっぱりコレですよね
by kiratemari | 2008-02-14 19:50 | ├中部 | Trackback | Comments(0)

3周年を迎え…

本日2月14日をもちまして、当ブログも開設から丸3年となりました。
何だかもっと長くやっているような気にもなっていましたが、ネット界ではまだまだひよっ子 (^_^;)

好奇心の赴くままに書き散らし、年々カラーの違うブログになっているのは「どうなんだ?」 (?_?) と思いつつも、それもまた私の個性の一面で、そうやって塗り重ねたものが、いつの日か綺麗な模様になって出て来てくれれば…(某ドラマより)などと思う今日この頃です。

今日より4年目に突入となりますが、今後とも今までと変わらず生温く見守っていただければ、大変有難く存知まする m(__)m
by kiratemari | 2008-02-14 12:58 | つれづれ | Trackback | Comments(6)

「きらめきの刹那」 別館  花や史跡の探訪記録や源平&時代物ドラマ話など何でもござれの雑記帳


by kiratemari

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

ブログパーツ

最新の記事

あわじ花さじき
at 2019-09-12 19:37
初夏の長谷寺
at 2019-09-05 19:25
三千院
at 2019-09-03 20:15
梅小路公園 朱雀の庭
at 2019-08-30 19:31
盛夏の信濃路の旅
at 2019-08-22 19:40
京都府立植物園「朝顔展」
at 2019-08-09 20:37
佐用町 南光ひまわり祭り
at 2019-08-01 20:34

リンク

カテゴリ

お知らせ
歴史語り
「きらめきの刹那」関連
書籍
テレビ
エンターテイメント
グルメ
関西探訪
├京都
├大阪
├兵庫
├奈良
├滋賀
└和歌山
旅の記録
├東北
├関東
├中部
├北陸
├四国
├中国
└九州
お出かけ
つれづれ

タグ

(628)
(265)
(159)
(130)
(119)
(111)
(92)
(86)
(63)
(47)
(41)
(40)
(34)
(30)
(23)
(21)
(20)
(17)
(11)
(8)

最新のコメント

ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 20:31
 白いアジサイ、大手毬っ..
by ちゃんちゃん at 18:56
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 19:37
 むちゃくちゃ緑が美しい..
by ちゃんちゃん at 18:20
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 17:17
見事な藤ですね。 ..
by ちゃんちゃん at 21:33
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 17:25
藤、めっちゃ綺麗ですね!..
by ちゃんちゃん at 16:38

最新のトラックバック

「天龍寺の蓮たち」/京都..
from 京の昼寝〜♪
アジサイ、梅雨に鮮やか
from ローカルニュースの旅
醍醐寺の紅葉◆3
from ディア・ルカラシティ
晩秋の風物詩 長谷寺で紅..
from ローカルニュースの旅

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
more...

検索