<   2005年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

情けある漢!―『義経』vol.47「安宅の関」

さてさて、やって参りました「勧進帳」の巻!
いや~、47回目にして「初めてちゃんとしたお芝居が見られた!」という充足感。やはり演技というものは「受け手」が重要だと再認識させられました。

何といっても、あの弁慶が「ただの大根」から「偉大なる大根」に大変身ですからね(一応褒め言葉ですよ)。これはもう、ひとえに富樫殿のおかげと言うしかないでしょう。

それでもツッコミ所の方も健在!
[PR]
by kiratemari | 2005-11-30 19:24 | テレビ | Trackback(2) | Comments(4)

錦秋の古都

かなりお久しぶりに京都へ。
夜間ライトアップがとても綺麗らしいとの評判を耳にして、昨日午後から出かけてみました。夜の京都見物となると、どうしても帰宅が遅くなるため、翌日も休日の土曜日くらいしか行けませんからね(結局帰宅時間は10時半を回ってしまいました)。

で、向う先はどこ?
[PR]
by kiratemari | 2005-11-27 17:00 | お出かけ | Trackback | Comments(5)

紅葉乱舞!―『義経』vol.45「しずやしず」

いや~、今回はもの凄い内容でした。
力技もここまで来るとご立派というか…(笑)。
頼朝・政子・静それぞれが、従来のイメージからかけ離れた造形になっていたため、どう纏めてくるか興味津々でしたが、まずは、最良の策を取ったという所でしょうか。

ただし、根本的にこのドラマのオリジナル仕様は大きく破綻しているので、あくまでも、その収拾のつけ方がお見事だったいうだけのことで、決してこのキャスト・内容に感動できたわけではありません(むしろ、こんなオチになるような作りにした制作者陣には新たな怒りも!)。

今回もあれやこれやとややこしい…
[PR]
by kiratemari | 2005-11-24 12:53 | テレビ | Trackback(2) | Comments(4)

福原=平泉ですと!?―『義経』vol.45「夢の行く先」

前回辺りからかなりヤバイと感じていたのですが、ついに白旗を上げたくなった今回。どうもうまく文章がまとまりません(涙)。

だいたい、この頃は指名手配をくらって裏舞台を徘徊している義経なんかより、表舞台の 京 vs 鎌倉 の冷戦の方がよっぽど中身が濃くて面白そうなのに、そこは完全にすっ飛ばしてくれるのですから、とにかく見るべき所が少なくて…。

ということで、今回はいつも以上に論点がズレまくっておりますが、その点はどうかご容赦のほどを m(__)m

さてさて何が出てきますことやら?
[PR]
by kiratemari | 2005-11-17 18:55 | テレビ | Trackback(2) | Comments(3)

物の怪大集合!?―『義経』vol.44「静よさらば」

亡霊だ! ムササビだ! 妖怪だ! 大天狗だ!
いや~、たった1回の中でここまでやってくれると、呆れるのを通り越して、ついつい笑いがこみ上げて来てしまう… (^^;)

そうですよね。どうせツッコミ所満載のストーリーなら、このくらい破天荒なファンタジー路線でやってくれた方がまだ諦めもつきますし、間違っても、誰もこれが史実だなんて思わないでしょう。
全く、今さらながら、最初の段階から取り組み方を間違えましたね。

それでもやっぱりツッコミもしなくちゃネ!
[PR]
by kiratemari | 2005-11-10 19:19 | テレビ | Trackback(2) | Comments(4)

ある悲劇の人の墓所―太融寺

c0057946_22521495.jpg今日は外回りのお仕事で扇町公園近くへ出掛けたのですが、その途上にある「太融寺(たいゆうじ)」。

もちろん、その名前はかねてより知っていましたし、車やバスで何度も通りがかってもいたものの、この界隈を歩いたことが一度もないというエセ大阪人(汗)なもので、ちょうど良い機会と立ち寄ってみることにしました(こういうことも許される職場でヨカッタ!)。

さてどなたのお墓でしょう?
[PR]
by kiratemari | 2005-11-07 23:09 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

華麗なる大立ち回り!?―『義経』vol.43「堀川夜討」

一つの嘘がまた次の嘘を呼ぶ…。
義経の伊予守任官に絡み、前回「伊予国は法皇の知行国」などという大嘘が飛び出ましたが、その嘘の上に、地頭設置の事実を持って来たため、法皇の知行国に頼朝が地頭を設置するという越権行為が行われたことになってしまいました。

本来は頼朝の知行国でしたから、自分のテリトリー内に何を置こうがこちらの勝手で済まされることも、相手が法皇様となると…、さすがにそこまであからさまな嫌がらせができるほど、この頃の頼朝の立場は安泰と言える状態ではなかったはずですが…。

実際、全国的な守護・地頭の設置は、朝敵に身を堕とした「義経・行家らの捜索のため」という大義名分を得て、ようやく実現にこぎつけることができたというのに、この時点で、渋々容認 or 泣き寝入り するほど、法皇の権威を低下させてどうするのでしょう?
そして、その力を大いに当てにしている義経くんて…???

今回はいつもと少し趣向を変えて…
[PR]
by kiratemari | 2005-11-02 20:01 | テレビ | Trackback(3) | Comments(4)

「きらめきの刹那」 別館  花や史跡の探訪記録や源平&時代物ドラマ話など何でもござれの雑記帳


by kiratemari

プロフィールを見る

ブログパーツ

最新の記事

雪の高野山へ
at 2018-06-20 20:52
みなべ梅林
at 2018-06-15 19:18
長浜盆梅展
at 2018-06-07 20:18
第一なぎさ公園の寒咲花菜
at 2018-06-05 20:20
GWの旅(3)新穂高ロープウェイ
at 2018-05-28 20:28
GWの旅(2)上高地
at 2018-05-24 19:56
GWの旅(1)白馬
at 2018-05-22 20:26

リンク

カテゴリ

お知らせ
歴史語り
「きらめきの刹那」関連
書籍
テレビ
エンターテイメント
グルメ
関西探訪
├京都
├大阪
├兵庫
├奈良
├滋賀
└和歌山
旅の記録
├東北
├関東
├中部
├北陸
├四国
├中国
└九州
お出かけ
つれづれ

タグ

(577)
(247)
(159)
(130)
(111)
(110)
(92)
(86)
(63)
(47)
(41)
(40)
(34)
(26)
(23)
(21)
(20)
(16)
(11)
(7)

最新のコメント

ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 22:48
nekonezumiir..
by 手鞠 at 22:39
どの写真も素晴らしいです..
by ちゃんちゃん at 20:55
 こんばんは。年明けの『..
by nekonezumiiro at 21:42
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 20:21
 記事の本筋で無く申しわ..
by ちゃんちゃん at 12:16
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 17:38
 相変わらず、構図の素晴..
by ちゃんちゃん at 08:16

最新のトラックバック

「天龍寺の蓮たち」/京都..
from 京の昼寝〜♪
アジサイ、梅雨に鮮やか
from ローカルニュースの旅
醍醐寺の紅葉◆3
from ディア・ルカラシティ
晩秋の風物詩 長谷寺で紅..
from ローカルニュースの旅

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

検索