2005年 06月 22日 ( 1 )

決断の時!―『義経』vol.24「動乱の都」

今回は「義仲スペシャル」の巻…でしたが、その前に一言。
いい加減 法住寺殿ほうじゅうじでん と読むのはやめろー!!!

もう既に、あちこちで指摘されていて、いくらなんでも、制作陣の耳にも入っているものと思っていたのですが、未だもって、一向に改める気配がないのは、実は「裸の王様」状態ってことですか?

念のため説明しておきますと、いわゆる院御所の呼称などに関しては「殿」=「どの」、つまり「ほうじゅうじどの」と読むのが正解。他にも、「白河殿」=「しらかわどの」、「鳥羽殿」=「とばどの」など。

こういった呼称が混同される原因となっているのが、「紫宸殿」「清涼殿」「弘徽殿」などの読み方ではないかと思われます。
こちらの場合は、「個々の殿舎」=「建物そのもの」を指すので、それぞれ「ししんでん」「せいりょうでん」「こきでん」で正解なのですが、問題の「法住寺殿」は、「院御所」という広い領域全体を指すものですので、まるで別物。それを区別して、古来より「どの」と呼ばせてきた経緯を見れば、公共の電波にのせるからには、「読み方ぐらいどっちでもいいだろう」ではなく、正確な情報をきちんと発信するのが 義務 と考えますが…。

前置きはこれくらいにして、いざ本題へ (過去最高の長文カモ?)
[PR]
by kiratemari | 2005-06-22 19:34 | テレビ | Trackback(2) | Comments(4)

「きらめきの刹那」 別館  花や史跡の探訪記録や源平&時代物ドラマ話など何でもござれの雑記帳


by kiratemari

プロフィールを見る

ブログパーツ

最新の記事

般若寺
at 2018-11-14 19:45
高野山~奥の院~
at 2018-11-13 20:18
六甲山 展覧台
at 2018-11-12 19:22
高野山~金剛峯寺~
at 2018-11-08 19:26
梅小路公園 朱雀の庭
at 2018-11-07 19:59
高野山~壇上伽藍~
at 2018-11-06 20:11
法起寺
at 2018-11-05 20:19

リンク

カテゴリ

お知らせ
歴史語り
「きらめきの刹那」関連
書籍
テレビ
エンターテイメント
グルメ
関西探訪
├京都
├大阪
├兵庫
├奈良
├滋賀
└和歌山
旅の記録
├東北
├関東
├中部
├北陸
├四国
├中国
└九州
お出かけ
つれづれ

タグ

(598)
(250)
(159)
(130)
(111)
(110)
(92)
(86)
(63)
(47)
(41)
(40)
(34)
(26)
(23)
(21)
(20)
(17)
(11)
(8)

最新のコメント

nekonezumiir..
by 手鞠 at 17:17
 手鞠さんこんばんは。こ..
by nekonezumiiro at 22:07
nekonezumiir..
by 手鞠 at 17:00
 こんばんは。たいへんご..
by nekonezumiiro at 22:49
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 17:38
 見事な二重の虹とやはり..
by ちゃんちゃん at 20:42
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 18:05
水が無茶苦茶キレイですね..
by ちゃんちゃん at 20:51

最新のトラックバック

「天龍寺の蓮たち」/京都..
from 京の昼寝〜♪
アジサイ、梅雨に鮮やか
from ローカルニュースの旅
醍醐寺の紅葉◆3
from ディア・ルカラシティ
晩秋の風物詩 長谷寺で紅..
from ローカルニュースの旅

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
more...

検索