初夏のしまなみへの旅(2)-松山城

c0057946_208280.jpg




 
さて、道後温泉を後にして、次に向かった先はJR松山駅。
まずは腹ごしらえです。街中を徘徊しても朝の早い時間ゆえにほとんど開いていませんし、こういう時に頼りになるのが駅ナカのお店。案の定イートーインコーナーのあるパン屋さんがありましたので、サンドウィッチや焼きたての惣菜パンを適当に見繕って、モーニングコーヒーと共にガッツリいただきました (^_^;)

で、ちょうど時間も良い頃合になりましたので、松山城見物へレッツゴー!


c0057946_204271.jpg


c0057946_2044338.jpg

松山城は標高132mの勝山頂上に天守閣を有する本丸のある平山城で、徒歩ですとおよそ2~30分山登りをすることになるのですが、途中半分ぐらいの所まではロープーウェイやリフトが通っていますので、足腰への負担をかなり減らすことができて助かります。また、並行して走るロープーウェイとリフトは料金も共通で、どちらでも利用することができますので、上りと下りで違う乗り物を選ぶこともできます。



c0057946_2045860.jpg

ということで、上りはまずロープーウェイに乗車。
ちょうど真下にツツジの植え込みが連なっていて、花の盛りは過ぎていたものの、遠目で見る分には十分良い目の保養に(後ほどの動画を参照のこと)。



c0057946_2051192.jpg

藤の花もやや萎れ気味ながら、綺麗に咲いていました (^^)



c0057946_2052890.jpg

しかし、ロープーウェイがあると言えど、その先がまだまだ広いの何のって…。
門やら櫓やらいくつも通り抜けて行くのですが、中々天守閣に行き着けず…(^_^;)



c0057946_2054591.jpg


c0057946_206140.jpg


c0057946_2061750.jpg

ようやく天守閣の入口・一の門前に到着。
タイミング良く9時になり、登城太鼓が打ち鳴らされ、観光客が自ら門を押し開けるという開門セレモニーに立ち会うことができました(動画もこの部分のみ音声付きにしております)。



c0057946_2063454.jpg

櫓の中に納まっている登城太鼓の太鼓。



c0057946_2065123.jpg


伊予松山城は別名金亀城(きんきじょう)、あるいは勝山城(かつやまじょう)とも称され、姫路城や彦根城などと共に現存12天守の一つに数えられています。

「賎ヶ岳七本槍」で勇名を馳せた豊臣秀吉の股肱の臣・加藤嘉明の手により25年の歳月をかけて築城が進められましたが、当の加藤嘉明は完成を見ずに会津藩へ転封となり、次いで松山藩主となった蒲生忠知、その次に入封した松平定行の手を経てようやく完成に至っています。



c0057946_2071775.jpg


c0057946_2073438.jpg

標高132mとはいえ周りは平地ですので、天守閣からの眺めは抜群。
狭く急な梯子段に悪戦苦闘しながらも、頑張って昇った甲斐がありました (^_^;)
ただ、青空が広がっているわりにぼんやり霞んでいて、やや遠くが見づらい状態だったのは残念でしたが…。









ということで、お城の構造とかあまり詳しくないもので(汗)、ほとんど説明らしい説明もなしで、ただ写真をアップしただけになってしまいましたが、それにしても、青空に映える白と黒のコントラストの美しさは「お見事!」と言うより他ありませんね \(^o^)/


c0057946_204227.jpg



【このページの写真及び動画は平成20年5月3日に撮影したものです】



《メモ》
  松山城 【地図】
    営業時間…9:00~17:00(12・1月は16:30、8月は17:30まで)
    天守入場料金…500円(+ロープーウェイorリフト片道250円)
[PR]
by kiratemari | 2008-05-08 20:27 | ├四国 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://kiratemari.exblog.jp/tb/8814413
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by さくら at 2008-05-09 12:43 x
>手鞠さんへ

こんにちは〜
レポート始まりましたねー!
松山城って高いところにあるんですねー。
車も電車もなかった頃は大変でしたでしょうね(笑)

ムービーって良いですね(^^)
景色の広がるパノラマ感がとても伝わってきました。
快晴の空に白い壁、陽を照り返す瓦、とても気持ち良さそうで、わたしも一緒に眺めている爽快感にひたらせていただきました。
Commented by sanraku2 at 2008-05-09 22:15 x
快晴の松山城・・・う、羨ましいッ!(>_<)
開門セレモニーは初めて知りました。これは是非次回体験してみたいですね。
Commented by 手鞠 at 2008-05-09 23:16 x
さくらさん、こんばんは~♪
勢いよく一気に…とは行きませんが(汗)、まあぼちぼちアップして行きたいと思います。

松山城は開けた街のど真ん中にあるので、多少誇張されている所もあるかもしれませんが、それでもまず彦根城よりは高かったと思いますよ。道のりの半分とはいえ、ロープーウェイとかあって助かりました (^_^;)
柔な現代人とはとても比較にならないでしょうが、トラックやクレーンのない時代に、こんな山の上に巨大な城を築いてしまった昔の人のタフさには、ただただ驚くばかりです。

動画も楽しんでいただけたようで何よりです。
一部を切り取る静止画では、どうしても位置関係や全体像が伝わりにくい所がありますし、何より画面の広がりが違いますからね。本当は音も入れた方がより臨場感が増すのでしょうが、プライベートな話し声なども一緒に入っているものですから、それはちょっと外さざるを得なくて… (^_^;)
Commented by 手鞠 at 2008-05-09 23:35 x
sanraku2さん、こんばんは~♪
本当にこの日は絶好の城見日和でした。
昨年sanraku2さんがいらっしゃった時は、確か台風来襲の最中でしたよね (^^;)

開門セレモニーは毎日ではなく、土日と祝日など限定で行われているみたいですので、事前にチェックされておいた方がよろしいかと思います。この日は全く事前には何も知らなくて、偶々朝一で行ったのがちょうどタイミングが上手く合ってラッキーでした (^^)v

「きらめきの刹那」 別館  花や史跡の探訪記録や源平&時代物ドラマ話など何でもござれの雑記帳


by kiratemari

プロフィールを見る

ブログパーツ

最新の記事

氷上町 達身寺
at 2018-10-22 20:03
法金剛院
at 2018-10-19 19:55
多可町 曼殊沙華の里
at 2018-10-17 19:47
亀岡 ひがん花の里
at 2018-10-11 19:37
常林寺
at 2018-10-09 18:35
西本願寺
at 2018-10-04 19:58
伏見 勝念寺
at 2018-10-03 20:19

リンク

カテゴリ

お知らせ
歴史語り
「きらめきの刹那」関連
書籍
テレビ
エンターテイメント
グルメ
関西探訪
├京都
├大阪
├兵庫
├奈良
├滋賀
└和歌山
旅の記録
├東北
├関東
├中部
├北陸
├四国
├中国
└九州
お出かけ
つれづれ

タグ

(593)
(247)
(159)
(130)
(111)
(110)
(92)
(86)
(63)
(47)
(41)
(40)
(34)
(26)
(23)
(21)
(20)
(16)
(11)
(8)

最新のコメント

 手鞠さんこんばんは。こ..
by nekonezumiiro at 22:07
nekonezumiir..
by 手鞠 at 17:00
 こんばんは。たいへんご..
by nekonezumiiro at 22:49
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 17:38
 見事な二重の虹とやはり..
by ちゃんちゃん at 20:42
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 18:05
水が無茶苦茶キレイですね..
by ちゃんちゃん at 20:51
何とかギリギリ間に合いま..
by 手鞠 at 21:29

最新のトラックバック

「天龍寺の蓮たち」/京都..
from 京の昼寝〜♪
アジサイ、梅雨に鮮やか
from ローカルニュースの旅
醍醐寺の紅葉◆3
from ディア・ルカラシティ
晩秋の風物詩 長谷寺で紅..
from ローカルニュースの旅

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
more...

検索