『功名が辻』vol.12「信玄の影」

毎度のことながら、信長・秀吉サイドの大河ではどうあっても信玄は出したくないと…。
「武田の脅威」とセリフでいくら煽れても、見えない敵が相手では何か空々しいだけで説得力ゼロ。いっそ1回こっきりのスペシャルゲストと割り切って、派手に大御所をキャスティングなんてことは…、できないのでしょうね。 (-_-;)



 
今回の一番の見どころは(私個人としては)、一豊 vs 六平太 の漢(おとこ)の対決。
中々の迫力でしたね。「息詰まる」という表現がピッタリの激闘(しかも公式によれば吹き替えなしとか)に免じて、それまでの小りんのウザさも大目に見て上げましょう。

それにつけても、ドラマ的に脇キャラの六平太をこんなに格好良い漢にしてしまってよいのでしょうか? いや、そう思うのは少数派なのかもしれませんけど、一豊はあまりにも真っ直ぐ過ぎて何か平々凡々。六平太のように屈折した感情を抱いている人物の方がついつい魅力的に見えるんですよね。おかげで、主役のはずの一豊くんはどうも影が薄くなりがち(この辺りは少し去年の義経と似てる)。スーパーマンでないヒーローを描くというのは中々に難しいものだと感じました。

しかし、思わず見入ってしまった迫真の格闘シーンだったのに、その記憶すらも頭から抜け落ちてしまうほどの破壊力を見せたのが、この後に登場の将軍足利義昭の誤爆(笑)。
その一挙一動の狙いは分かりすぎるぐらいよく分かるのですが(汗)、舞台上ならいざ知らず、ドラマの中では明らかに浮き上がっていたとしか言いようがないような…。

だいたい政治的な手腕がいくら劣るといっても、一応堅苦しい有職故実の枠の中で当たり前のように生きて来たはずの人ですからね。あの立ち居振る舞いはないでしょう。

それに、あんなおバ○さんのために、光秀が必死になっていたというのも何だか…。まあ、そこに宮仕えの悲哀を見せたかったのかもしれませんが、光秀が聡明な人物であればあるほど、将軍職に就ける以前に「コイツはダメだ…」と見限っていそうなものだろうと…。

これまでにも度々思っていたことですが、武家主体のドラマに登場するお公家さんて、どうしてこうも「バ○殿」風味にされてしまうのでしょう(義昭も本来は武家なのですが)。

政治力のなさ=マヌケの図式はあまりに短絡的。
今大河のように信長・秀吉が主役でない機会にこそ、いつもとは違った人物造形を試みるということもできたように思うのですけど…。主役がその下についている以上、義昭のダメダメぶりを強調して信長らを正当化するしかないのでしょうかね。

と、ここで、話をまた前に戻してしまい恐縮ですが、先の格闘場面で、六平太が漏らした「信玄の死が間近い」という超マル秘情報。この一大スクープを一豊くんは結局信じたのか、信じなかったのか…。

その後、秀吉が「浅井領内で甲賀者を取り押さえ吐かせた」と信長に報告していましたが、あれって、偶然時期が重なっただけの全くの別件と考えるべきなのか(捕まったのは六平太の仲間?)、それとも、一豊がそれとなく秀吉に報告したとか…(どこから仕入れたとか理由づけが難しそうですが、半兵衛様も六平太とは一応顔見知りでしたから、一豊→半兵衛→秀吉とリレーすれば何とか説明もつく?)。

まあ、出所の怪しい情報だけに、下手をすれば、以前の小りんに機密情報を漏らして危うく御館様が狙撃されそうになった一件までバレかねないので、前者と見る方が無難でしょうが(でもって、そういう要領の悪さのせいで中々出世できないと)、こういう所がどうも言葉足らずというか、説明不足のような気がしますね。

しかし、かと思えば、一方で蛇足と感じる部分もまた色々と…。
一つ目は人質行きが決まった治兵衛くんに面と向かって「別な世に生まれておれば人質にならずに済んだかも…」とのたまった千代。この期に及んで不安を煽ってどうするのでしょう?

そもそも千代の言う「別の世」って、現代にしか当てはまらない代物ですからね。生まれた時から戦乱の世だった当時の人達には、百歩譲って「戦はキライ!」という気持ちはあっても、戦のない平和な世の中なんて未知なる世界。

せめて「戦のない世」としておけばまだ良かったでしょうが、そうとしても 「タラ」「レバ」なんて言っても空しいだけ。ここは後半の「世の流れ、人のさだめに負けてはなりませぬ」とのみ諭すに留めておいて、どうしてもあのセリフを入れたければ、見送りながらの千代の独白という形を採るなど、他にいくらでも方法があるのではありませんか?

それと、治兵衛が後の豊臣秀次だというナレも先走って入れる必要はなかったのでは?
確かにこれが彼の悲劇の幕開けとも言えなくはありませんが、処刑されるのはまだ20年以上も先のことですよ。

少なくとも「人質に出されて明日をも知れぬ命…」という雰囲気を見せるべきところで、秀吉の晩年まで生き延びることは確定と視聴者に教えてどうするのでしょう? 知っている人は当然知っていることですし、知らない人にもこの段階では別段必要のない予備知識。それこそ、ここでナレの替りに千代の「別な世に生まれておれば…」の独白を入れておけば済む話だったような…。

そして、さらにもう一点、ラストに打掛を縫いながら千代がつぶやいた「お市様、無事にお戻り下さいませ」。死なないで欲しいという願いももちろんわかりますが、しかし、それは同時に長政との永遠の別離をも意味するのですよね。

先週、一豊が地獄へ行くなら「私も一緒に参ります」と千代は言っていましたが、だったら、お市の方も愛する長政と共に「地獄へでもどこへでも行きたい!」と望んでいるとは考えないのでしょうか。

あのシーンも「お市さま…」でセリフを切って、生き延びて欲しいと願いつつも、でも妻の情としては、長政と共に逝かせてもあげたい…といった葛藤のようなものを見せられれば、今のところ賢妻なのかただのドジ妻なのかよくわからない千代という中途半端なキャラに、もっと奥行きを持たせることもできたのではないかと思われます。


さて、いよいよ次回は「小谷落城」。しかし、長政殿の最期を堪能できるものと思っていたら、予告を見る限り、戦後の話の割合の方が多そうで、どうもあっさりケリが着いてしまいそうな嫌な予感も。

それと、万福丸って、結局お市の子なのですか???
[PR]
by kiratemari | 2006-03-29 19:43 | テレビ | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : https://kiratemari.exblog.jp/tb/3719841
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 信長フィギュア!これが戦.. at 2006-04-03 18:59
タイトル : 信長などの戦国武将フィギュアコレクションを展示中
乱世の時代がフィギュアで忠実によみがえる!... more
Commented by bluecat at 2006-03-30 09:15
手鞠様、おはようございます。
「信玄の影」とは名ばかりで、影も形もありませなんだ(苦笑)。
バカ殿にまつりあげられた、義昭がただ頼みとしていた、とくらいにしか見えませんでしたね、残念です。
そうそう、私も六平太と一豊の一騎打ちのシーンは迫力がありましたね~思わず息を殺して見入ってしまいました。それから秀吉が甲賀者から仕入れた情報として、信玄の死が近いと報告していましたが、それって六平太のこと?それとも別の間者?と混乱させられました。説明不足ですよね、こうゆう細かいところが、今年の大河は・・・。
あと、ミョーに現代的な感覚なので、千代が時折時代錯誤なセリフを言うのだと思います。
これから先、今のところかなり中途半端な千代はどんな良妻になりますことやら!少々不安げです・・・。
Commented by 手鞠 at 2006-03-30 19:18 x
bluecatさん、こんばんは~♪
「信玄の影」というタイトルも少々広告詐欺的ですよね(内容からすれば「幕府滅亡」でしょう)。信玄の凄さ・怖さのようなものがもっと画面上に表れていたら、それをあてにしての義昭挙兵のインパクトも随分違ったと思うのですけど…。

千代はある意味気の毒な役回りにさせられていますよね。史実の部分が少なく、ほとんど創作によって作り上げられている人物像ですから、書き手が現代人である以上、その価値観が反映されてしまうのもまあ仕方ないかと思います。しかし、ドジキャラ路線もご愛嬌とはいえ、ほどほどにしておかないと最後までそれを引きずることになりそうで心配です。

「きらめきの刹那」 別館  花や史跡の探訪記録や源平&時代物ドラマ話など何でもござれの雑記帳


by kiratemari

プロフィールを見る

ブログパーツ

最新の記事

雪の高野山へ
at 2018-06-20 20:52
みなべ梅林
at 2018-06-15 19:18
長浜盆梅展
at 2018-06-07 20:18
第一なぎさ公園の寒咲花菜
at 2018-06-05 20:20
GWの旅(3)新穂高ロープウェイ
at 2018-05-28 20:28
GWの旅(2)上高地
at 2018-05-24 19:56
GWの旅(1)白馬
at 2018-05-22 20:26

リンク

カテゴリ

お知らせ
歴史語り
「きらめきの刹那」関連
書籍
テレビ
エンターテイメント
グルメ
関西探訪
├京都
├大阪
├兵庫
├奈良
├滋賀
└和歌山
旅の記録
├東北
├関東
├中部
├北陸
├四国
├中国
└九州
お出かけ
つれづれ

タグ

(577)
(247)
(159)
(130)
(111)
(110)
(92)
(86)
(63)
(47)
(41)
(40)
(34)
(26)
(23)
(21)
(20)
(16)
(11)
(7)

最新のコメント

ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 22:48
nekonezumiir..
by 手鞠 at 22:39
どの写真も素晴らしいです..
by ちゃんちゃん at 20:55
 こんばんは。年明けの『..
by nekonezumiiro at 21:42
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 20:21
 記事の本筋で無く申しわ..
by ちゃんちゃん at 12:16
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 17:38
 相変わらず、構図の素晴..
by ちゃんちゃん at 08:16

最新のトラックバック

「天龍寺の蓮たち」/京都..
from 京の昼寝〜♪
アジサイ、梅雨に鮮やか
from ローカルニュースの旅
醍醐寺の紅葉◆3
from ディア・ルカラシティ
晩秋の風物詩 長谷寺で紅..
from ローカルニュースの旅

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

検索