人気ブログランキング |

『功名が辻』vol.3「運命の再会」

ドラマとして、ようやく「らしく」なって来た…という感じの第3回。

高齢キャストにも「こういうもの」だと慣れてきたのと、斎藤家の内紛に、秀吉の竹中半兵衛詣でと、政治的な動きが活発になって来たのが大きいでしょうね。結果がわかっていても「先の展開が気になる…」という高揚感が徐々に増して来ているような…。

ただ、そこに千代&一豊の恋(?)を絡めようとするのは少々無理やりっぽくて、どうも流れをブッた切られているような気がしてならないのですけど…。



 
しかし「道三さまに惚れている」とのたまった半兵衛殿は、娘の濃姫とは何ら接点はなかったのでしょうか? ここまでのドラマの雰囲気では、光秀より近しい関係にあっても不思議でないような気がしますし、道三に心酔していればなおのこと、二代目のあの体たらくを見るにつけ、濃姫の嫁いでいる織田と手を組むという選択肢もあってもよさそうなものですけどね、戦闘回避型の美濃一の軍師殿(?)なら。

それと千代との関係も何だかよくわかりません。行儀見習いにと城づとめを勧めたり、お茶の出し方の指南も手ずからしたり…。いや、それ以前に、こんな初歩的な行儀作法くらい、ヤモメの伯父さまに男手一つで育てられたのならともかく、あんなしとやかそうな伯母さまがいれば、とうにきちんとしつけられていて然るべきだと…。この辺も無理に「できない」千代を演出しすぎているきらいが…。

そうそう、行方不明だった六平太も再登場しましたが、改めて思ったのは、第1回の一豊も六平太も、十代の少年でやった方が良かったのではないかと…。
いくら演技力でそれらしく見えるようカバーしようとしても、やっぱり見た目は中年以外の何者でもない二人に、肝心の千代は子役でしたからね。それが千代だけ役替りして、一豊と六平太はまんま同じというのは、どうしても違和感が拭えないというか…。いっそ史実無視をやるなら、千代と一豊の年齢差も、もっと割り切ってもよかったように思います。

とはいえ六平太の香川さんはうまい!
利まつの時の秀吉とは全く違うテイストを出してますものね(あの変な握り箸ももちろん演技ですよね?)。今後の活躍が楽しみです。


さてさて、来週は早くも祝言まで行ってしまうようですが、あの炎の中での愛の告白(?)の予告編に思わず笑ってしまったのは私だけでしょうか?(^^;) 
いや、本編ではきっと、真面目な涙誘う名シーンに仕上がっているのですよね? 決してコントではないですよね?(本当、頼みますよ!)
by kiratemari | 2006-01-24 19:16 | テレビ | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://kiratemari.exblog.jp/tb/3424464
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by えりか at 2006-01-26 23:21 x
 手鞠さん、今晩は♪

 私も、高齢キャストにはだいぶ慣れました。
 でも、当時の千代って実は10歳前後なのですよね。なのでやはり違和感が…。「ドラマだから仕方がない。」と目をつぶろうとしても、史実での人豊との年の差11歳というのがどうしても頭から離れませんでした。

 六平太は、原作でも忍びとして大活躍するので、今後が楽しみなキャラクターです。
Commented by ともp at 2006-01-27 01:54 x
手鞠様、こんばんは。

「功名が辻」、家事をしながらちらっと見たら、ちょうど秀吉が一豊をつれて竹中半兵衛に会いにいっているところでした。こんな時代から秀吉と重要な任務で行動をともにしていたのに、なんで一豊は秀吉時代あんまり出世していなかったのかなあ…と思った次第です。
どうも私がこの番組を積極的に見ようと思うことができないのは、大石さんの脚本を書くスタンスにあります。
大石さんはご自身のブログ「from静の海」の1月24日の記事で、NHKドラマ「氷壁」の玉木宏さんの演技に感動し、彼が『功名が辻』にも、山内一豊の弟、康豊の役で出ていることから、一気に玉木君をいい役にしよう! と決意したと書いていらっしゃいます。
「氷壁」での玉木さんの演技は素晴らしかったので、「功名が辻」で出番が増えるなら、それはとてもうれしいことなのですが、あくまでも歴史ドラマである「功名が辻」で、はたしてそれはいいことなのかなあと思ってしまったのです。
もちろん大石さんはプロですから全体のバランスを崩すようなことはないでしょうし、脚本家が、役者の演技に触発されることはよくあることですから、神経質になることはないと思うのですが。

Commented by 手鞠 at 2006-01-27 12:42 x
えりかさん、こんにちは~♪
今回のドラマは実際よりかなり前倒しして千代を登場させてますものね。桶狭間の時なんて本当は4歳ぐらいとか(一豊で15~6歳)。大きなイベントを組み入れたい心情はわかりますが、それに無理に絡ませようとしなくても…と思ってしまいます。
六平太はこれからも楽しみです。ただ、千代の忠実な僕(しもべ)という役割に終わることのないように願いたいものですが…。
Commented by 手鞠 at 2006-01-27 12:51 x
ともpさま、こんにちは~♪
そうですよね。こんなペーペーの時代から秀吉の腰巾着をやってたら、もっともっと出世していてもよさそうなものだろうと…、主役を目立たせるためとはいえ、そういう疑問はどうしてもついて回りますね。
脚本家さんがその演じ手に入れ込んで、キャラの扱いが途中から変わるという話はよく聞きますね。ひどいのになると、初期設定とさっぱり辻褄が合わないことになっていたりしますが、今回はどうでしょうね。一豊の弟だけに、元からそれなりに重要なポジションだったかもしれませんが、単なる客寄せイケメン要員のつもりだったとしたら…、変に暴走しないことを願います (^_^;)
Commented by たまこ at 2006-01-29 18:06 x
今年も大河を見ています。高齢キャストですが、私には、それが素直に受け入れられます。ただ実際の俳優さんの年齢を知らない為(大物俳優さんの名前くらいは知っているつもりです。)一豊としては、立派な好青年見えてしまうのです。どう見ても20代に見えます。そう見えてしまう私はとても幸せ者なのかもしれません。
Commented by 手鞠 at 2006-01-29 19:44 x
たまこさん、初めまして。これからもどうぞよろしく!
高齢キャストも慣れればどうってことないとは思うのですが、現代劇でよく見かける俳優さんは、どうしてもその印象が頭をよぎってしまうので、中々違和感が拭えなくて…。
でも、一豊役の上川さんは確かに見た目はかなり若く見えますね。
とても四十路を越えてらっしゃるとは思えない…(^^;)

「きらめきの刹那」 別館  花や史跡の探訪記録や源平&時代物ドラマ話など何でもござれの雑記帳


by kiratemari

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

ブログパーツ

最新の記事

あわじ花さじき
at 2019-09-12 19:37
初夏の長谷寺
at 2019-09-05 19:25
三千院
at 2019-09-03 20:15
梅小路公園 朱雀の庭
at 2019-08-30 19:31
盛夏の信濃路の旅
at 2019-08-22 19:40
京都府立植物園「朝顔展」
at 2019-08-09 20:37
佐用町 南光ひまわり祭り
at 2019-08-01 20:34

リンク

カテゴリ

お知らせ
歴史語り
「きらめきの刹那」関連
書籍
テレビ
エンターテイメント
グルメ
関西探訪
├京都
├大阪
├兵庫
├奈良
├滋賀
└和歌山
旅の記録
├東北
├関東
├中部
├北陸
├四国
├中国
└九州
お出かけ
つれづれ

タグ

(628)
(265)
(159)
(130)
(119)
(111)
(92)
(86)
(63)
(47)
(41)
(40)
(34)
(30)
(23)
(21)
(20)
(17)
(11)
(8)

最新のコメント

ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 20:31
 白いアジサイ、大手毬っ..
by ちゃんちゃん at 18:56
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 19:37
 むちゃくちゃ緑が美しい..
by ちゃんちゃん at 18:20
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 17:17
見事な藤ですね。 ..
by ちゃんちゃん at 21:33
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 17:25
藤、めっちゃ綺麗ですね!..
by ちゃんちゃん at 16:38

最新のトラックバック

「天龍寺の蓮たち」/京都..
from 京の昼寝〜♪
アジサイ、梅雨に鮮やか
from ローカルニュースの旅
醍醐寺の紅葉◆3
from ディア・ルカラシティ
晩秋の風物詩 長谷寺で紅..
from ローカルニュースの旅

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
more...

検索