人気ブログランキング |

教経が…

大河『義経』に能登守 教経 が登場するか否かで、様々な噂が乱れ飛んでおりましたが、残念ながら… 出ない で確定のようです < 能登殿ー(;_;)/~~~

昨日発売されたばかりの後編の解説本で、教経の役どころを代行する方々を確認。
     屋島  … 資盛
     壇ノ浦 … 知盛

意外という気もしなくはありませんが、これで、「殿下乗合」事件以外に、大した見せ場のない 資盛 がここまで存在した意味も、ようやくわかったわけで…(汗)。
でも、ここまでやるなら、いっそ、八艘飛びも資盛に代行させればよいのに…(投げやり…)
知盛さんには、義経を追い掛け回すよりも、最後まで悠然と構えていていただきたいものですし…。

※この解説本はネタバレ満載で、これ以外にも、まだまだ、呆れる珍設定の数々には、もはやツッコむ気力も…(まず、読まない方が賢明かと…)




私考・教経を出せないわけ

本来であれば、資盛ではなく、教経を最初から登場させておけば問題なかった話なんですよね(あんな意味不明な乗合事件なら、維盛が当事者でもよかったわけで…)。

では、資盛は出せて、教経が出せない理由とは???
それは、教経が 清盛直系の親族ではない という点が、どうもネックになったように思われます。

実際、放送開始当初の段階で、教経の父 教盛 を始め、清盛の兄弟は頼盛を除いて、全て割愛されていたことから、彼の登場する可能性も、極めて低いだろうとの予感はありました。

さらに、教経は教盛の二男ですから、もし出そうとすると、長兄の 通盛 は公卿にも上っており、それも無視できなくなる。で、通盛を出すなら 小宰相 との悲恋にも期待を寄せられるし、だったら、従兄弟の 経正 や悲劇の美少年 敦盛 は???と、芋ずる式に登場させなければならない人物も増えて行くことになりますからね。

そうでなくても、巷で「盛盛攻撃」と言われるぐらい、世間的な平家武将の認知度はあまり高くありませんから、『平家物語』ならいざ知らず、『義経』でそこまでカバーしきれない…というのが制作陣の本音では?
結局、教盛や経盛を出さなかったことが、既に、教経や敦盛も出さないという意思の表れだったということでしょう。

今回の大河は、原作本の影響もあって、平家一門の絆にまでスポットを当て、清盛の直系の子弟については、血縁関係も含めそれなりの描写もされているため(不満は多々ありますが)、ここに唐突に、傍流の一武将を単体では出しにくい状況になったということが、大きな理由の一つに挙げられると思います。過去の義経物のドラマには、血縁関係も無視で、単純に宗盛、知盛、教経を並べたものもありましたからね(この時は重衡こそ完全黙殺されてました)。

皮肉な話ですが、なまじ「平家」を重視したために、平家方で数少ない人気武将の一人 能登殿・教経 を登場させる機会を逸した…ということではないでしょうか。
by kiratemari | 2005-06-26 21:50 | テレビ | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : https://kiratemari.exblog.jp/tb/2143238
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 蒼き猫の言霊日記 at 2005-06-27 09:37
タイトル : 怒!能登守教経、登場せず・・・最悪大河「義経」orz
平教経こと、能登守教経(能登殿)は、平家物語の後半で獅子奮迅の戦いをしてくれる、平家随一の猛将です。 有名なのは何といっても最後の壇ノ浦の戦いで、義経を追い掛け回して八艘飛びをさせたことと、源氏の武者二人を抱きかかえ、「死出の旅の共せよ」と入水して果てるという場面でしょう。 その前の屋島の合戦においても、強弓で知られた能登殿は、義経を助けようと身を挺した郎党の佐藤継信を射殺しています。 この重要で愛すべき登場人物が、現在放送中のNHK大河ドラマには登場しないということが判明し、私、怒り狂っており...... more
Commented by bluecat at 2005-06-27 08:53
手鞠さん、こんにちは。
読まないほうが賢明な後編の解説本、立ち読みで読んでしまいました(爆)・・・教経の名はドラマの話には全く出てこず、やはり手鞠さんの想定内(!)だった、知盛が教経の代役もすることになるようで・・・あぁ、ひどすぎます(;_;)
意外だったのは、屋島の戦いでは、資盛が能登殿の代わりをするらしい、ということ。資盛は壇ノ浦ではなんとか武家の面子を保ち、一族と入水するわけですが、教経の代わりとは・・・。
たとえ唐突に登場しても、お徳のナレで説明すれば片付くことだと思うのですが、いかがでしょうか??
ヘンなオリキャラ出しすぎなんですよ・・・orz
史実に忠実にとは言わないまでも(史実がわからないことも多々あるので)、義経やその郎党がかかわる重要な場面を別の武将で間に合わせるなんて所業、許しがたし、です。
Commented by kiratemari at 2005-06-27 13:01
bluecatさん、こんにちは。TBありがとうござます。

教経こそ、出てくれるだけで十分というファンも多いですからね。こういう時こそ、必殺ナレで出自とかサーッと流せば、いくら唐突だろうと、十分許容範囲だと思いますのに…。
本文ではかなりN○Kさんに好意的な見方をしてますが、実際は、義経より目立ってもらっちゃ困る…というのが本音のような…(そういう邪推もしたくなります)。
Commented by えりか at 2005-06-29 11:11 x
 手鞠さん、こんにちは♪このことについては私も一言言いたいので参上しました。

 教経さんが無視されるなんて大ショックです。平家の武将の中で一番好きなのは彼ですから…。それより、義経と関わりを持つ教経さんがなぜ無視されるのか、どう考えても納得できません。でも、今回のドラマは義経の同母兄たちが無視されていますし、明らかに義経と関わりを持っていたと思われる陸奥の藤原基成も無視されていますよね。そう考えると、教経さんも無視されても仕方がないのかなあ。こうなったらまた私の所で教経さんの特集を組むしかないかもしれませんね(笑)。

 知盛は、壇ノ浦では義経を追いかけ回したり敵の武将を引き連れて入水したりせず、指揮官に徹して欲しいです。そして、「観るべきものは見た。」と言って静かに入水してほしいものです。そうなると、やっぱり教経さんを出して欲しかったなと……。どうやらこのドラマ、他にもとんでもない設定があるとのことで、楽しみというよりとても心配です。
Commented by kiratemari at 2005-06-29 20:00
えりかさん、こんばんは。
教経を出さないことももちろん残念ですが、今若・乙若の徹底無視もひどいですよね。この前の放送でも、常盤の生んだ子は義経と能子だけか?と画面の前で呆れておりました。

今後のトンデモ珍設定の方は…、やっぱり明かさない方がいいですよね(笑)。ある意味、そう結びつけたか…と感心する部分もありますけど…。

「きらめきの刹那」 別館  花や史跡の探訪記録や源平&時代物ドラマ話など何でもござれの雑記帳


by kiratemari

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

ブログパーツ

最新の記事

あわじ花さじき
at 2019-09-12 19:37
初夏の長谷寺
at 2019-09-05 19:25
三千院
at 2019-09-03 20:15
梅小路公園 朱雀の庭
at 2019-08-30 19:31
盛夏の信濃路の旅
at 2019-08-22 19:40
京都府立植物園「朝顔展」
at 2019-08-09 20:37
佐用町 南光ひまわり祭り
at 2019-08-01 20:34

リンク

カテゴリ

お知らせ
歴史語り
「きらめきの刹那」関連
書籍
テレビ
エンターテイメント
グルメ
関西探訪
├京都
├大阪
├兵庫
├奈良
├滋賀
└和歌山
旅の記録
├東北
├関東
├中部
├北陸
├四国
├中国
└九州
お出かけ
つれづれ

タグ

(628)
(265)
(159)
(130)
(119)
(111)
(92)
(86)
(63)
(47)
(41)
(40)
(34)
(30)
(23)
(21)
(20)
(17)
(11)
(8)

最新のコメント

ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 20:31
 白いアジサイ、大手毬っ..
by ちゃんちゃん at 18:56
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 19:37
 むちゃくちゃ緑が美しい..
by ちゃんちゃん at 18:20
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 17:17
見事な藤ですね。 ..
by ちゃんちゃん at 21:33
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 17:25
藤、めっちゃ綺麗ですね!..
by ちゃんちゃん at 16:38

最新のトラックバック

「天龍寺の蓮たち」/京都..
from 京の昼寝〜♪
アジサイ、梅雨に鮮やか
from ローカルニュースの旅
醍醐寺の紅葉◆3
from ディア・ルカラシティ
晩秋の風物詩 長谷寺で紅..
from ローカルニュースの旅

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
more...

検索