小説の連載再開!

本サイト「きらめきの刹那」にて連載中の創作小説『蒼き風 緋の海』が、およそ三ヶ月半の充電期間を経て、ようやく、再開の運びとなりました。当ブログともども、どうぞお見知りおきを。

しかし、言い訳をするのも何ですが、ここまで遅れた最大の原因は、やはり、大河ドラマ『義経』の存在。と言っても、ブログに感想を書くようになって忙しくなったから…というわけではありませんよ<いや、少しはあるかな?(笑)

実は、この第3章より、源義経その人も新加入。しかも、かなりのウェートを占めるため、同時期に進行させることに怖さを感じてしまったのと、それぞれの人物が、ドラマではどう描かれているのか、見定めたいという気持ちもありまして……。

とりあえず、第3章・第4章に当たる部分は通り過ぎ、思いのほか、人物像も異なっていたことでもあり(というか、ちょっと勇気をもらったかな?)、あまり気にせず、連載に臨むことができそうです(笑)。




ここで、物語について、簡単にご説明しておきますと、時代は平安末期、仁安2(1167)年よりスタート。平清盛が太政大臣に昇り、翌年には病を得て出家するという時期に当たります。その後、途中で3年ほど飛びまして、第1章が嘉応3(1171)年春まで。この間の歴史事項としては「殿下乗合」「高倉天皇元服」が少々。第2章は承安2(1172)年冬までで、中盤に「徳子入内」を挿入しています。

なお、一応主人公格に据えているのが、清盛の五男平重衡と、これから登場する源義経ですが、実際に物語を動かして行くのは、九州博多と京を往来する商人 玄武 と、その下で働く異国人の青年 といった架空の人物達になります。なお、この竜については、安南(アンナン)、呂宋(ルソン)といった地名も上げていますので、こちらのブログにおいでの方には、誰をモデルにしたかは一目瞭然ですよね (^^;)

元々は、ごく普通に平重衡をメインにして書くつもりだったのですが、その動機というのが、あまり小説などでは取り上げられていないから…という、実に単純なものだったんですよね。ところが、丁度その頃に、彼を主人公にした小説に行き会い、何だか、急にやる気が削がれてしまいまして……。

で、どうしたものか……と考えていた所に、突如!? どこかから降りてきたようで… (*。*)☆
でも、この突飛な設定のおかげで、数多ある源平物の小説とは、若干、毛色の違うものになりそうなのと、多少ファンタジーが入ってもOKかな?と、発想の幅がかなり広がったような気がします。

さて、次なる第3章は承安3(1173)年春よりスタート。歴史事項は序盤に1つだけと、後は完全オリジナル仕様(定説無視の無謀さは大河以上かも?)。
いかなる展開が待ち受けていますかは、ご覧になってのお楽しみということで… m(__)m
[PR]
by kiratemari | 2005-04-14 19:59 | 「きらめきの刹那」関連 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kiratemari.exblog.jp/tb/1487440
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

「きらめきの刹那」 別館  花や史跡の探訪記録や源平&時代物ドラマ話など何でもござれの雑記帳


by kiratemari

プロフィールを見る

ブログパーツ

最新の記事

なにわ淀川花火大会
at 2018-08-05 00:37
なにわ淀川花火大会
at 2018-08-05 00:37
第一なぎさ公園
at 2018-08-01 20:30
大阪城梅林
at 2018-07-12 20:05
春の西富士めぐり
at 2018-06-26 20:35
雪の高野山へ
at 2018-06-20 20:52
みなべ梅林
at 2018-06-15 19:18

リンク

カテゴリ

お知らせ
歴史語り
「きらめきの刹那」関連
書籍
テレビ
エンターテイメント
グルメ
関西探訪
├京都
├大阪
├兵庫
├奈良
├滋賀
└和歌山
旅の記録
├東北
├関東
├中部
├北陸
├四国
├中国
└九州
お出かけ
つれづれ

タグ

(580)
(247)
(159)
(130)
(111)
(110)
(92)
(86)
(63)
(47)
(41)
(40)
(34)
(26)
(23)
(21)
(20)
(16)
(11)
(8)

最新のコメント

何とかギリギリ間に合いま..
by 手鞠 at 21:29
後半の良いところは観れた..
by ちゃんちゃん at 10:53
ちゃんちゃんさん、返信が..
by 手鞠 at 21:04
 新名神で行かれたのです..
by ちゃんちゃん at 08:08
sazaneri873さ..
by 手鞠 at 20:22
こんにちは~ 紫陽花を..
by sazaneri873 at 09:36
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 22:48
nekonezumiir..
by 手鞠 at 22:39

最新のトラックバック

「天龍寺の蓮たち」/京都..
from 京の昼寝〜♪
アジサイ、梅雨に鮮やか
from ローカルニュースの旅
醍醐寺の紅葉◆3
from ディア・ルカラシティ
晩秋の風物詩 長谷寺で紅..
from ローカルニュースの旅

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

検索