人気ブログランキング |

伊豆半周の旅(9)-黄瀬川~富士川

c0057946_1164769.jpg




 
いよいよこれが最終回になります。
三島を後にして次に向かったのは黄瀬川。
もちろんあの史跡を訪ねるためです (^-^)




c0057946_1171735.jpg

黄瀬川 八幡神社。
バックに集合住宅など写り込んでいますが、まさに住宅街の真っ只中という立地にあります。



c0057946_1174795.jpg

それでも、境内へと進むにつれやはり神社らしい佇まいに。
しかし、三嶋大社の賑わいぶりに比べて、こちらは人っ子一人いない静寂さで… (^^;)



c0057946_1182666.jpg

鳥居をくぐってすぐのこの石造りの太鼓橋は「頼朝公再建八二〇年記念事業」により再建されたもの。かつてはこの左右に源氏池と平家池の二つの池があって、東の源氏池には白い蓮が、西の平家池には赤い蓮が植えられ、また俗説に「源氏池には三島あり」「平家池には四島があり」などと言って、源氏の栄えと平家の死滅(四=死)を暗喩したとも言われています。




c0057946_1185492.jpg

八幡神社の拝殿。
この左手側の方に有名な頼朝と義経の「対面石」があります。



c0057946_1192484.jpg

治承4年(1180)10月、水鳥の羽音で知られる富士川の合戦で勝利を収めた源氏軍は、鎌倉への凱旋の途にここ黄瀬川駅に陣を敷き、そこに奥州から弟の義経が駆けつけて涙の対面となった次第です。



c0057946_1195784.jpg

この配置から行くと奥が頼朝、手前が義経ってことかしら?
意外に二つの石の間合いが狭くて、向かい合って座ると膝と膝がすれ合いそうなほど。何となくもう少し離れた所で一旦向かい合って、それから義経が歩み寄って立膝…というのを想像していたので、いくら何でもこれは近すぎなんじゃない?などと思ってしまいました (^^ゞ

もっとも、ここで二人が対面したというのは『吾妻鏡』の記事の他に拠り所がなく、特に幕府成立以前の記録には信憑性が薄い書物だけに、これも史実かどうかは眉唾物で…。とはいえ、黄瀬川はいにしえより東海道の要衝の一つで、遊女里などの歓楽街もあったようですから(笑)、合戦での緊張をほぐす意味でもここで休息をとったというのは十分ありえることでしょうが…。




c0057946_11104786.jpg

こちらは頼朝を祀る「白旗神社」。
鎌倉の鶴岡八幡宮にもある社で、そもそもこちらの黄瀬川八幡神社の配置は鶴岡八幡宮のものとよく似ているそうです(鎌倉は未踏の地なので実際の所はわかりませんが)。



ということで、黄瀬川からお次は沼津の千本浜公園へ。



c0057946_11114035.jpg

奥駿河湾に沿った海岸線に日本有数の松林が広がります。
ようやくすっきりとした青空に出会うことができましたが、振り返って山側の方は相変わらず雲が垂れ込み、富士の威容も目にすることは叶わず… (-_-;)



c0057946_11122538.jpg

対岸に見えるのは伊豆半島ですね。

ところで、この辺りの場所にも一つ源平ゆかりのエピソードがありまして、平家一門の滅亡後、残党狩りで捕らえられた平維盛の遺児六代は、鎌倉へ護送される途中、この地で処刑されようとしていましたが、助命嘆願に動いていた高雄神護寺の僧・文覚が頼朝に直談判の末、赦免状を手にそこに駆けつけ、事なきを得たという…。

それにちなむ「六代松の碑」なるものがこの界隈にあるというので立ち寄ってみたのですが、残念ながらその場所を探し当てることはできませんでした (>_<)



c0057946_1116456.jpg

替りに松林の写真だけでも…。
本当に広い松林で、行けども行けども同じような風景が続き、うっかりすると自分のいる位置がわからなくなってしまいそうな樹海でした。


ということで、今回の伊豆の旅もこれにて終焉…、とその前に、後もう一箇所だけ… (^^ゞ


早いものでもう3年以上前の話になりますが、2006年11月に富士山を見に行きまして、その帰りに寄った富士川の合戦場跡といわれる「平家越え」。
あの時は車のトラブル発生で日没後の訪問 になってしまい、写真が上手く撮れなかったものですから、この機会に再訪することに。




c0057946_11175285.jpg

沼津での青空もほんの束の間のもので、再びどんより曇り空に…。



c0057946_11191596.jpg


c0057946_11193925.jpg


c0057946_11201364.jpg

それでも、前回フラッシュが反射してまともに撮れなかったレリーフの絵は無事カメラに収めることができました (^-^)v


ということで、これで正真正銘終了。
これほど長い間お待たせするほどの中身ではありませんでしたが、ここまでお付き合いいただきありがとうございました m(__)m

さて、あと残っているお蔵入りネタは… (?+_+)



【このページの写真は平成21年9月23日に撮影したものです】



《メモ》
  黄瀬川 八幡神社 【地図】
   静岡県駿東郡清水町八幡39
   TEL:055-972-4904

  平家越え 【地図】
   静岡県富士市新橋町
by kiratemari | 2010-01-30 11:32 | ├関東 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://kiratemari.exblog.jp/tb/13610398
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by えりか at 2010-02-03 11:25 x
 手鞠さん、こんにちは♪

 私の実家のある沼津にようこそ☆
 そんなわけで、千本松原には何回も行ったことがあります。確かに迷いそうになりますよね。
 ただ、ここで六代が殺されそうになり、文覚が駆けつけて助命されたことを知ってからは行ったことがないので、またぜひ行ってみたいです。それから対面石も見に行きたいし。

 私の知っている土地もちょこちょこ出てきたのもあって、「伊豆半周の旅」、楽しく拝見しました。ありがとうございました。(^^)
Commented by 手鞠 at 2010-02-03 19:10 x
えりかさん、こんばんは~♪
非常に長期に渡ってしまったレポですが、最後までご覧いただきありがとうございますm(__)m

えりかさんのご実家も沼津だったのですね。
同じ県内とはいえ、今のお住まいからはちょっと離れていますね。

千本松原は六代の史跡めぐりだけでなく、松林越しに富士山が見えないかなとも思いながら訪ねたのですが、どちらも果たせず残念でした。
それでも、浜辺を少し歩いたり松林の中をさまよったりで、どういう場所かだいたい雰囲気だけでもつかめたのは収穫だったでしょうか (^^;
Commented by Natsu at 2010-02-03 20:50 x
手鞠さん、こんばんは(^^)
平家好きとしては、やっぱり千本松原に注目してしまいました。このエントリを見て久しぶりに六代助命の場面を読み返し、やっぱり良い場面だと改めて思いました( ;∀;) 六代があまりに可愛いので誰も斬れなくて、「お前やれよ!」「お前がやれよ!」と侍たちが押し付けあっているところが何とも…v
写真を拝見した後で読むと、イメージが膨らみました♪
Commented by 手鞠 at 2010-02-04 19:34 x
Natsu さん、こんばんは~♪
今回の伊豆旅行記はほとんど源氏側の史跡ばかりでしたので、最後の最後に平家側のものも入れられて良かったです (^-^)

六代助命のくだりは源氏側のキャラ達の人間臭さが垣間見られていいですよね。戦場ならいざ知らず、あんな無防備な子供を手に掛けるのはやっぱり誰しも寝覚めが悪いと…。

後年はいろいろトラブルメーカーにもなる北条時政の名誉回復にも多少尽力しているのではないでしょうか (^^;

「きらめきの刹那」 別館  花や史跡の探訪記録や源平&時代物ドラマ話など何でもござれの雑記帳


by kiratemari

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

ブログパーツ

最新の記事

城北菖蒲園
at 2019-06-14 19:33
平等院
at 2019-06-07 20:04
金閣寺
at 2019-05-20 20:30
高野山 總持院
at 2019-05-14 20:35
西本願寺
at 2019-05-08 20:34
信州~飛騨~北陸の旅・ダイジ..
at 2019-05-07 20:07
京の桜ダイジェスト⑥&初夏の花々
at 2019-04-23 19:32

リンク

カテゴリ

お知らせ
歴史語り
「きらめきの刹那」関連
書籍
テレビ
エンターテイメント
グルメ
関西探訪
├京都
├大阪
├兵庫
├奈良
├滋賀
└和歌山
旅の記録
├東北
├関東
├中部
├北陸
├四国
├中国
└九州
お出かけ
つれづれ

タグ

(617)
(265)
(159)
(130)
(119)
(111)
(92)
(86)
(63)
(47)
(41)
(40)
(34)
(30)
(23)
(21)
(20)
(17)
(11)
(8)

最新のコメント

ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 17:25
藤、めっちゃ綺麗ですね!..
by ちゃんちゃん at 16:38
中綱湖の桜は前日はまだほ..
by 手鞠 at 18:19
 中綱湖の桜や荻町集落の..
by ちゃんちゃん at 07:55
ちゃんちゃんさん、こんに..
by 手鞠 at 14:25
白山桜あじさい苑の桜は見..
by ちゃんちゃん at 18:02
情報によって7kmという..
by 手鞠 at 21:10
 これは凄いですね!! ..
by ちゃんちゃん at 12:32

最新のトラックバック

「天龍寺の蓮たち」/京都..
from 京の昼寝〜♪
アジサイ、梅雨に鮮やか
from ローカルニュースの旅
醍醐寺の紅葉◆3
from ディア・ルカラシティ
晩秋の風物詩 長谷寺で紅..
from ローカルニュースの旅

以前の記事

2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...

検索