人気ブログランキング |

再来年の大河は…

2011年の大河ドラマは『江 ~姫たちの戦国~』に決定【公式発表記事はこちら
50作目に当たるということで、そろそろまた『忠臣蔵』辺りが来るかと予想していたのですが、去年のに味をしめての二匹目のドジョウ狙いという感じがヒシヒシと… (-_-;)



 
時代のナンバー2的存在を主役に据えた『利家とまつ』以来、どんどん傍流へと押し流されて行ってますね。さすがにネタ切れも深刻化して来たということでしょうか。

まあ確かに、お江を軸にすれば信長・秀吉・家康の三英傑を全部網羅できて、なおかつ大奥の創世期まで扱える…と生涯を通してイベント事には事欠きませんし、着眼点としては悪くはないとは思いますが、ただ、ここ最近『巧名が辻』に今年の『天地人』と同時代を傍流から描くタイプの作品が続いているだけに、いい加減飽きて来たというのが正直な所。肝心の三英傑も登場回数を重ねるごとに、だんだん小者化して行っているような印象ですし。

傍流は所詮傍流なんですよ。
王道をしっかりと描く傍らで、ちょこちょこと秘話的に差し挟まれる分には目先が変わって面白いと思いますが、こうも立て続けにやられるとね…(十何年に一度ぐらいの割合がイイ所)。史実の当事者でない主人公だとどうしても群像劇風になってしまうので、話があっちこっちに飛ぶわりにどれも中途半端に流され、結局、最後まで焦点の定まらないまま消化不良気味で終了というのがお決まりのパターンで…。

どうせなら淀殿主役の方がもうちょっと触手が動き易いのですけどね。
老練な秀吉や家康を向こうに回して堂々と渡り合い、最後は城を枕に華々しく散った彼女の生き様の方がまだ王道と言えるでしょう。

返す返すも『義経』の時に終盤が尻すぼみになったのが悔やまれますね。
あそこで「滅びの美学」をもっと魅力的に描けていれば、こうも時代の勝ち組(まあ最終的に生き残ったという意味で)にばかり偏った人選にはならなかったのではないでしょうか。


しかし、それにしても今にして思えば『花の乱』なんて奇跡のような作品ですよね。
あんな暗くてマイナーな人物しか登場しない題材をよく取り上げる気になったものだと… (^^;

いや、私は好きですよ。あのおどろおどろしい雰囲気も慣れればツボにハマるもんですし(爆)、何と行っても重厚な演技のできる役者さんが目白押しで見応え十分。それに『花の乱』『毛利元就』『風林火山』と見て三英傑時代の作品を見ると上手く時代も繋がって行きますからね。

個人的には『太平記』と『花の乱』、あるいは『草燃える』と『北条時宗』の間を繋ぐような作品が出て来ることを期待していたのですが、今の時代の流れでは…、とても望むべくもないことなのは残念の極みです (>_<)
by kiratemari | 2009-06-18 20:29 | テレビ | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://kiratemari.exblog.jp/tb/11776445
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 平ななし盛 at 2009-06-19 22:44 x
田渕久美子で女性の主人公、、おっしゃるとおり・・匹目のドジョウ狙いは歴然ですね!
また合戦シーンの少ない、内内の狭い空間だけで、女性の井戸端会議の拡大版みたいな お話が進行するのでしょうか?
予算的には合戦シーン削れるから得なのか、メインが女性だけに女性の衣装代のほうがかかるのか、、ちと分かりかねますが。

でも、この企画 けっこういいと思います  というか、、以前 こんな大河が見てみたい企画なんかで私自身 永井路子さんの「乱紋」を題材に
浅井三姉妹を見てみたいと掲示板に書いたことがあったのです。  だから本来なら正夢が叶ったというべきかも。
大昔の大河に「三姉妹」なんてのがあったそうですが、この浅井三姉妹も十分劇的だと思います。
いうまでもなく三姉妹が成人してからはライバル同士のトップの妻になるのですから  下の京極に嫁いだ妹とも確か面白い逸話があったはず。
お江さんメインというのでなでなく、三姉妹の人生の波での振り回され方見てみたいですね!
Commented by 平ななし盛 at 2009-06-19 22:45 x
最近は少子化なのでピンときにくいかも知れませんが、親の世代までは4,5人の兄弟なんて当たり前
そして、それゆえその後の兄弟たちの人生の悲喜こもごもに 運とか何だとか 同じ製造元だけに いろんな複雑な感情も生まれるものです。
ここら辺の共感も視聴者と共有できれば、けっこう期待できるかもと思っているのですが。

でも、幕末、戦国 間だけのキャッチボールは、さすがに辛いですね  いくら目先を変えられても、、
本当はおっしゃるように中世史 私も見てみたいんですが・・・・    そうなると数字、、また悪くなるのかなぁ~
Commented by 手鞠 at 2009-06-20 23:07 x
平ななし盛 さん、こんばんは~♪
そうですね。男性主人公の今年でさえあんな調子ですから、女性主人公となればほとんどの合戦は紙芝居で終了の可能性が大かと…(-_-;)

合戦シーンと衣装代、どちらが多くかかるはよくわかりませんが、とりあえず衣装は将来的に使い回せますから、同額掛かるとしてもより合理的と言えなくも…。それでも、せめてヒロインにとってもターニングポイントとなる小谷落城と北の庄落城、そして、大坂落城あたりは少し力を入れて欲しいと思いますね。

でもまあ、下手に男性を主人公にするより、女性がメインなら「強い女性」を前面に押し出されてもまだ受け入れやすい点は救いでしょうか。何にせよキャスト次第ですね。昨年と違い年齢幅が広く、母親としての顔にも納得の適任者が果たしているのか…。

「きらめきの刹那」 別館  花や史跡の探訪記録や源平&時代物ドラマ話など何でもござれの雑記帳


by kiratemari

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

ブログパーツ

最新の記事

城北菖蒲園
at 2019-06-14 19:33
平等院
at 2019-06-07 20:04
金閣寺
at 2019-05-20 20:30
高野山 總持院
at 2019-05-14 20:35
西本願寺
at 2019-05-08 20:34
信州~飛騨~北陸の旅・ダイジ..
at 2019-05-07 20:07
京の桜ダイジェスト⑥&初夏の花々
at 2019-04-23 19:32

リンク

カテゴリ

お知らせ
歴史語り
「きらめきの刹那」関連
書籍
テレビ
エンターテイメント
グルメ
関西探訪
├京都
├大阪
├兵庫
├奈良
├滋賀
└和歌山
旅の記録
├東北
├関東
├中部
├北陸
├四国
├中国
└九州
お出かけ
つれづれ

タグ

(617)
(265)
(159)
(130)
(119)
(111)
(92)
(86)
(63)
(47)
(41)
(40)
(34)
(30)
(23)
(21)
(20)
(17)
(11)
(8)

最新のコメント

ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 17:25
藤、めっちゃ綺麗ですね!..
by ちゃんちゃん at 16:38
中綱湖の桜は前日はまだほ..
by 手鞠 at 18:19
 中綱湖の桜や荻町集落の..
by ちゃんちゃん at 07:55
ちゃんちゃんさん、こんに..
by 手鞠 at 14:25
白山桜あじさい苑の桜は見..
by ちゃんちゃん at 18:02
情報によって7kmという..
by 手鞠 at 21:10
 これは凄いですね!! ..
by ちゃんちゃん at 12:32

最新のトラックバック

「天龍寺の蓮たち」/京都..
from 京の昼寝〜♪
アジサイ、梅雨に鮮やか
from ローカルニュースの旅
醍醐寺の紅葉◆3
from ディア・ルカラシティ
晩秋の風物詩 長谷寺で紅..
from ローカルニュースの旅

以前の記事

2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...

検索