一乗寺界隈を行く

c0057946_2283673.jpg
(於曼殊院門跡・弁天池)




 
こちらも11月29日分になります。
南禅寺から哲学の道界隈を散策し、さらに真如堂へ廻った後、バスで一乗寺方面へ移動。

一乗寺清水町のバス停で下車して、永くゆるいダラダラ坂をのぼり、まずやって参りましたのは「曼殊院門跡」。



c0057946_2210340.jpg


c0057946_22103559.jpg

こちらは勅使門。
この左右に伸びる5本筋の入った築地塀が門跡寺院としての格式の高さを表しており、青蓮院、三千院(梶井門跡)、妙法院、毘沙門堂門跡と並び「天台五門跡」の1つに数えられています。


c0057946_22122540.jpg

この土手にずらっと紅葉が植わっているのですが、残念ながらこの日はもうかなり散ってしまっていて、枝が随分と淋しげで…。

当初は前週に八瀬からこちらへ回る心積もりもしていたのですが、雨に降られてその気を削がれ奈良行きにチェンジということに。双方の状態を比べれば結果的には初志貫徹しておくべきだったかもしれません (-_-;)


c0057946_22125734.jpg

でも、たとえ盛りは過ぎていようとも、太陽の光を受けて輝く姿はやはり美しく…。
それに、中の小堀遠州作といわれる枯山水庭園の紅葉はちょうど見頃の色づき具合で、とても素晴らしかったですから…。

ただ、甚だ残念なことに、今年から内部は写真撮影禁止となっており、その華麗な姿をここでご紹介することはできません。

建物内はさほど広くはありませんし、観光バスの団体を含め大勢の観光客が集中するこの時期にはやむをえない措置のようにも思えますが、でも、訪ねた時の感動の記憶を呼び起こす貴重なよすがとなろう一枚も残せないのは残念の極み。これが来年以降も続けられるようだと、今後は自ずと訪問先リストから外す傾向になるかもしれません。

そして、そんな風に敬遠されだすと、そのうちに拝観受付場所が移動して、今は撮影フリーの勅使門前まで有料ゾーンになったりするかも… (?_?)



さて、曼殊院から次に向かったのは昨年も訪ねた「圓光寺」。


c0057946_22134918.jpg


c0057946_22142556.jpg

時期は昨年より2日ほど早いのですが、色づきは昨年の方がより赤が強かったようにも…。
それでも、こちらの敷き紅葉はやはり美しい!


c0057946_22145234.jpg


c0057946_22153934.jpg


c0057946_2216895.jpg

ここら辺りから急に黒雲が張り出し始め、暗くなったかと思えば、またその間隙を縫ってパッと日が差したり、光の加減が不安定に。
ナントカと「秋の空」とはよく言ったものですね (^_^;)


c0057946_22162932.jpg

今年も人なしでは撮れなかった書院からの額縁風景。
来年こそは朝一で来なくては… (^^ゞ



そして、この界隈最後は「詩仙堂」。


c0057946_22172187.jpg

江戸初期の文人・石川丈山が隠棲した山荘の一堂がその名も「丈山寺」となったもので、「詩仙堂」の称の由来は、中国の詩家36人の肖像を掲げる「詩仙の間」によるものだそうです。


c0057946_22175312.jpg

その「詩仙の間」からの代表的な風景ですが、紅葉の見頃は既に過ぎていたようで、画面右へ行くほど葉が落ちてしまっていました。しかも、こちらもまた非常に狭い空間に殺人的な混み具合で(汗)、引きの画像はとても撮れるような状態にあらず… (-_-;)
後ほどの動画の方がまだ庭の全容がおわかりいただけるのではないかと思います。


c0057946_22183640.jpg


c0057946_2219167.jpg

白砂とサツキの刈り込みが美しい庭園は回遊式にもなっていますが、建物から直接は下りられず、帰りに参道を少し戻って回り込む形となります。


c0057946_22194762.jpg

で、ぐるっと回って来る間にまたどんより曇り空に。
どうもお天気に嫌われているっぽい?


c0057946_22201798.jpg

茶室「残月軒」と紅葉。




※動画は三寺まとめて一本にしています。



ということで、ここでとうとう雨がポツポツと落ち始めて来たもので、やむなく早々に退散。
この界隈の紅葉の見頃は概ね三連休付近ということを改めて学習して、一乗寺を後にしたのでした (^^ゞ



c0057946_22204219.jpg



【このページの写真&動画は平成20年11月29日に撮影したものです】



《メモ》
  曼殊院門跡 【地図】
   京都市左京区一乗寺竹ノ内町42
   TEL:075-781-5010
   拝観料… 一般600円、高校生400円、中小学生300円
   拝観時間… 9:00-17:00(受付は16:30まで)

  圓光寺 【地図】
    京都市左京区一乗寺小谷町13
   TEL:075-781-8025
   拝観料… 一般400円(夜間ライトアップ時は500円)
   拝観時間… 9:00-16:30

  詩仙堂 【地図】
   京都市左京区一乗寺門口町27
   TEL:075-781-2954
   拝観料… 一般500円、小中学生円、抹茶円
   拝観時間… 9:00-17:00(受付は16:45まで)
[PR]
by kiratemari | 2008-12-15 22:29 | ├京都 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kiratemari.exblog.jp/tb/10346262
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

「きらめきの刹那」 別館  花や史跡の探訪記録や源平&時代物ドラマ話など何でもござれの雑記帳


by kiratemari

プロフィールを見る

ブログパーツ

最新の記事

雪景・上賀茂神社
at 2018-04-19 20:07
冬牡丹咲く長谷寺
at 2018-04-17 20:29
水仙咲く般若寺
at 2018-04-13 20:44
桜めぐり2018~ダイジェスト
at 2018-04-03 20:07
『わろてんか』セット公開
at 2018-03-30 19:40
圓光寺
at 2018-03-23 20:14
雪景・京都御所
at 2018-03-22 21:16

リンク

カテゴリ

お知らせ
歴史語り
「きらめきの刹那」関連
書籍
テレビ
エンターテイメント
グルメ
関西探訪
├京都
├大阪
├兵庫
├奈良
├滋賀
└和歌山
旅の記録
├東北
├関東
├中部
├北陸
├四国
├中国
└九州
お出かけ
つれづれ

タグ

(574)
(247)
(159)
(130)
(111)
(110)
(92)
(86)
(63)
(47)
(41)
(40)
(34)
(23)
(21)
(21)
(20)
(16)
(11)
(7)

最新のコメント

ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 20:21
 記事の本筋で無く申しわ..
by ちゃんちゃん at 12:16
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 17:38
 相変わらず、構図の素晴..
by ちゃんちゃん at 08:16
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 23:15
 雪がまるで桜の花のよう..
by ちゃんちゃん at 19:36
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 22:10
 凄い景色ばかりですね!..
by ちゃんちゃん at 20:00

最新のトラックバック

「天龍寺の蓮たち」/京都..
from 京の昼寝〜♪
アジサイ、梅雨に鮮やか
from ローカルニュースの旅
醍醐寺の紅葉◆3
from ディア・ルカラシティ
晩秋の風物詩 長谷寺で紅..
from ローカルニュースの旅

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

検索