人気ブログランキング |

中之島散策

c0057946_19334660.jpg




 
相変わらず遅い更新ですみません。
今回は広く浅くの取材(?)対象が災いして、調べる事柄が何げに多く、また調べ始めると芋づる式にいろいろなページを渡り歩く羽目に陥ったりするものですから、思いの外、時間がかかってしまいました。だからと言って大して中身のあるものになったとも思えませんけど…(^^;)


さて、靱公園のバラ園を堪能した後は帰りがてら中之島界隈を散策することに。
と、その前に2時間近く野外をウロウロしてちょっとくたびれモードでしたので小休止。



c0057946_19342133.jpg

四ツ橋筋沿いの小洒落たカフェでお茶とケーキをいただきました (^.^)
ケーキはチョコのスポンジの間に生クリームとバナナがサンドされているバナナ・ショート。

結構なボリュームでしたがあっという間に平らげてしまいました (^^ゞ
これだけ食べたからにはしっかりと歩かねば!

で、まずは四ツ橋筋を北上して目指す中之島へ。

c0057946_1935044.gif
googleマップへリンク


「中之島」は旧淀川の堂島川と土佐堀川に挟まれた東西約3kmに及ぶ細長い中洲で、水運の利により江戸時代には各藩の蔵屋敷が立ち並び、「天下の台所」と呼ばれた商都・大坂の象徴的な地でした。

明治以降もこの周辺には老舗が数多く店を構え、蔵屋敷などの払い下げられた後には図書館や公会堂などの文化施設も設けられ、時流の波に乗って次々と近代建築物も増加。重要文化財に指定される稀少な建築物も残るレトロな雰囲気の味わえる数少ない場所の一つになっています。

ということで、やって参りましたのは肥後橋。



c0057946_19352625.jpg

朝日新聞大阪本社ビル。
明治12年(1879)創刊の朝日新聞は大阪・江戸堀が発祥の地で、6年後に中之島の現在地に移転。この本社ビルは昭和43年(1968)に完成したさほど古いものではありませんが(この後に登場するものと比べて)、昨年発表された「大阪・中之島プロジェクト」により来年度中には取り壊され、超高層のツインタワーに生まれ変わる予定です。

こちらには小学5年生の年度末に社会見学で訪れ、内部を色々見て回ったことが懐かしく思い出されます。それと阪神高速環状線がこのビルと一体化のようになっているのですが、ここのガードを潜ると「家までもう少し…」という気になるお決まりのポイントでもあります。



c0057946_19354674.jpg

高速道路を維持しつつ取り壊しを進めるのは大変でしょうね。

一方、その朝日新聞社の東側に建つのがリーガグランドホテルやフェスティバルホールなどが入居する新朝日ビル。こちらもツインタワーのもう1棟の建設用地になっており、フェスティバルホール等は一足早く今年いっぱいで一時閉鎖となり、来年には取り壊しが始まるとのことです。



c0057946_19361648.jpg

ところで、このフェスティバルホールの南側(土佐堀川沿い)に回りますと、一部の方には見覚えもあろうとかという一つのスポットが。


c0057946_19364894.jpg

フェスティバルホールの地下にあるリサイタルホールの入口ですが、ここは前々作の朝ドラ『ちりとてちん』で「天狗座」の外観として使用された場所。草若師匠が恋女房の女将さんの余命を知らされ動揺のあまり高座をすっぽかしてしまったあのシーンです。

ドラマでは演出で「徒然亭」の幟などが立て掛けられていましたので、ちょっと雰囲気が違うように思われるかもしれませんが、この向こう側から仏壇屋の菊江さんが「草若さ~ん!」と必死に大声を張り上げ、しかし、無情にもそれを遮るかのようにトラックが通り過ぎて行ったと…。



c0057946_19371762.jpg

この階段を引き返して行く草若さんの背中の切なかったこと! (/_;)
総集編にも入っていたシーンですので、どんな形であれ、取り壊し前の雄姿が映像で残されたのは嬉しいですね。あるいは、取り壊されるからこそのロケ地セレクトだったとか?

また、このリサイタルホールはABC朝日放送の公開番組(日曜お昼の某長寿番組など)や夏の高校野球の組み合わせ抽選会の会場にもなっていましたので、そういった方面からしても愛着の深い場所でしょうね。


さて、くだんの階段を上って土佐堀川沿いの遊歩道へ。



c0057946_1937426.jpg

木々も少しずつ色づいて来ていて、そこかしこに秋の気配が…。



c0057946_1938585.jpg

土佐堀川を挟んで対岸に建つ三井住友銀行大阪本店。
北側が大正15年(1926)、南側が昭和5年(1930)完成のビルですが、当初は7階建ての予定が大正12年(1923)の関東大震災を受けて5階建てに変更されたのだとか。


c0057946_19382620.jpg

雰囲気のある外装には兵庫県加古川下流域の竜山石(古代には石棺、姫路城の石垣や国会議事堂などにも使用)が用いられ、 内部にはイタリア産大理石の列柱が並んでいるそうです。今も現役の店舗として使われていますので、平日に立ち寄れる機会があればまた…。



c0057946_19384869.jpg

川沿いの遊歩道にはベンチやこうした丸い石の椅子が多く設置されていますが、ここは完全に鳩専用 (^^;)



c0057946_19391084.jpg


c0057946_19393162.jpg

先頃、重要文化財入りが内定した 「淀屋橋」。
江戸時代の豪商「淀屋」が架橋したので「淀屋橋」のネーミングになったと言われていますが、今の橋は昭和10年(1935)完成の鉄筋コンクリート造りのアーチ橋で、「戦前期の極めて珍しいデザインの橋」との歴史的な価値が評価されての重要文化財指定のようです。



c0057946_1940352.jpg

こちらは北側の堂島川にかかる「大江橋」。
景色が変わらないように感じられるかもしれませんが、それもそのはず、淀屋橋と大江橋は御堂筋の拡幅工事に合わせて同時に付け替えられ、デザインも一般公募で選ばれた同じもので統一されています。ですので、重要文化財の指定も両橋セットということに。



c0057946_19461376.jpg

その大江橋と淀屋橋の間に建つちょっと厳しい感じもする洋館が「日本銀行大阪支店・旧館」。



c0057946_19454875.jpg

明治36年(1903)築のネオ・ルネサンス様式の建物。
日本銀行本店や東京駅の赤レンガ駅舎と同じ設計者によるもので、ベルギー国立銀行をモデルにしたとされる石造り(花崗岩)の重厚な佇まいには「石の家」との異名も。が、これほどの建物でも重要文化財の指定がないのは部分保存のためだそうで、ちょっと残念な話ですね。



c0057946_19465981.jpg

その日本銀行大阪支店の前にさりげなく建っている碑が「駅逓司大阪郵便役所跡」。
明治4年(1871)3月1日に日本最初の郵便制度が始まり、現在の大阪中央郵便局の前身に当たる「大阪郵便役所」が置かれたのが元島原藩蔵屋敷跡のこの場所でした。
しかし、初日から三日の間にポストに投函された手紙はわずか53通で、東京までの所要晴間は約75時間(3日余)だったとか。

その後、大阪郵便役所は貯金業務が付加され、大阪郵便局と改称して北浜へ移転。さらに鉄道輸送との利便性を考え、昭和14年(1939)にJR大阪駅前の現在地へ移転という変遷をたどっています。なお、石碑の傍らにあるポストは郵便制度100年を記念して昭和46年(1971)に設置されたものだそうです。


さて、もう少し続けますよ。
御堂筋を挟んで日本銀行大阪支店の東向かいに大阪市役所、そして、そのまた東隣にあるのが「大阪府立中之島図書館」。



c0057946_19475526.jpg


c0057946_19472857.jpg

旧本館の中央部分は明治37年(1904)に住友本家第15代家長吉左衛門氏の寄付により建てられたネオバロック様式の建物。左右両翼は大正11年(1922)にやはり住友家の寄付により増築されたもので、旧本館及び左右両翼とも重要文化財に指定されています。

学生時代には何度も利用していた懐かしい場所ですが、東大阪市に中央図書館が開館して以降、蔵書が激減したのと、市立中央図書館の方が蔵書数も貸し出しの許容範囲も大きいこともあり、近頃はとんとご無沙汰しております。筆記用具等以外は持ち込み禁止で、手荷物はロッカーに預けないといけない不便さも敬遠するようになった一因ですね。

なお、内部の写真撮影は許可をとればホールのみ可能だそうです。
今回は時間の都合もあり外観のみでスルーしましたが、こちらも機会があればまた…。




c0057946_19484086.jpg

中之島散策のラストを飾るのはやはりコチラ「大阪市中央公会堂」。
中之島といえばコレというぐらいのシンボル的建物ですね。

大正7年(1918)に株式仲買人の岩本栄之助から100万円(現在の50億円)の寄付を受けて建設計画が始まり、設計は懸賞付きのコンペで選ばれた原案を基に進められ、大正2年(1913)6月に着工、翌大正7年(1918)11月17日にオープン。

ネオ・ルネッサンス様式を基調としつつ、バロック的な壮大さを持ち、また細部にはウィーン分離派様式(セセッション)も取り入れられた佇まいは壮麗かつ優美。2002年に保存・再生工事が完了し、今なお講演やコンサートなどの各種イベントに使用され、私も何度か入館してはいるのですが、内部の写真撮影は未だしたことは…。次の機会はいつのことかわかりませんが、その時はカメラ持参で訪れたいものと…。








ということで、もっと朝早くから始動していれば、北浜の適塾などにも足を伸ばせたのですが、残念ながらここでタイム・オーバー。またいつか、今度は中央公会堂レストランのオムライスなど絡めて(笑)、探索したいものと思います。



c0057946_19491834.jpg



【このページの写真&動画は平成20年10月19日に撮影したものです】




《メモ》

  朝日新聞 大阪本社 【地図】
   大阪市北区中之島3-2-4
   TEL:06-6201-8033

  フェスティバルホール・リサイタルホール 【地図】
   大阪市北区中之島2-3-18
   TEL:06-6231-2221

  三井住友銀行 大阪本店 【地図】
   大阪市中央区北浜4-6-5
   TEL:06-6227-2111

  日本銀行 大阪支店(支店博物館) 【地図】
   大阪市北区中之島2丁目
   TEL:06-6206-7748

  駅逓司大阪郵便役所跡 【地図】
   大阪市北区中之島2丁目・日本銀行大阪支店前

  大阪府立中之島図書館 【地図】
   大阪市北区中之島1-2-10
   TEL:06-6203-0474

  大阪市中央公会堂 【地図】
   大阪市北区中之島1-1-27
   TEL:06-6208-2002・9159
by kiratemari | 2008-10-30 20:08 | ├大阪 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kiratemari.exblog.jp/tb/10035941
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

「きらめきの刹那」 別館  花や史跡の探訪記録や源平&時代物ドラマ話など何でもござれの雑記帳


by kiratemari

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

ブログパーツ

最新の記事

あわじ花さじき
at 2019-09-12 19:37
初夏の長谷寺
at 2019-09-05 19:25
三千院
at 2019-09-03 20:15
梅小路公園 朱雀の庭
at 2019-08-30 19:31
盛夏の信濃路の旅
at 2019-08-22 19:40
京都府立植物園「朝顔展」
at 2019-08-09 20:37
佐用町 南光ひまわり祭り
at 2019-08-01 20:34

リンク

カテゴリ

お知らせ
歴史語り
「きらめきの刹那」関連
書籍
テレビ
エンターテイメント
グルメ
関西探訪
├京都
├大阪
├兵庫
├奈良
├滋賀
└和歌山
旅の記録
├東北
├関東
├中部
├北陸
├四国
├中国
└九州
お出かけ
つれづれ

タグ

(628)
(265)
(159)
(130)
(119)
(111)
(92)
(86)
(63)
(47)
(41)
(40)
(34)
(30)
(23)
(21)
(20)
(17)
(11)
(8)

最新のコメント

ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 20:31
 白いアジサイ、大手毬っ..
by ちゃんちゃん at 18:56
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 19:37
 むちゃくちゃ緑が美しい..
by ちゃんちゃん at 18:20
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 17:17
見事な藤ですね。 ..
by ちゃんちゃん at 21:33
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 17:25
藤、めっちゃ綺麗ですね!..
by ちゃんちゃん at 16:38

最新のトラックバック

「天龍寺の蓮たち」/京都..
from 京の昼寝〜♪
アジサイ、梅雨に鮮やか
from ローカルニュースの旅
醍醐寺の紅葉◆3
from ディア・ルカラシティ
晩秋の風物詩 長谷寺で紅..
from ローカルニュースの旅

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
more...

検索