滝口寺

c0057946_19295915.jpg




 
祇王寺までやって来たなら、もう一つ訪ねておきたいのが目と鼻の先にある滝口寺。
どれぐらい近いかと言いますと、祇王寺を出て元の柴垣の石段道をあと何段か登るだけ。
パッと明るい光の下に出ると同時に、滝口寺の入口である茅葺の門が現れます。



c0057946_19412711.jpg

滝口寺も祇王寺と同様「往生院」の子院の一つで、元は「三宝寺」と言いました。
しかし、こちらも明治に入り廃寺となっていたのを、高山樗牛の小説『滝口入道』のヒットにより、滝口&横笛ゆかりの地として、その名も「滝口寺」として再興されることとなります。



c0057946_19414933.jpg

受付を過ぎて真っ先に現れるのは滝口入道とは無関係の新田義貞の首塚。
鎌倉幕府を倒した勇将の一人・新田義貞は、その恩賞として後醍醐天皇から一条家の娘・勾当内侍を賜りますが、彼女に執心する余り失態を冒し、最後は足利尊氏との戦いに敗れ、獄門に掛けられることとなります。そして、気丈にもその首を取り返した勾当内侍は「往生院あたりの柴の庵に行いすまし、義貞の菩提を弔った」と言います。

その勾当内侍の供養塔がこちら。


c0057946_19421910.jpg

無残な姿となった夫の首を引き取り、菩提を弔ったというのは平重衡の妻・大納言佐のエピソードとも重なり、そのあまりの傷ましさに胸を衝かれる思いです。


さて、新田義貞の首塚から右手に伸びる石段を少し登った所にあるのが滝口と横笛の歌問答旧跡の「三寶(宝)寺歌石」。ここから『平家物語』の世界が始まります。


c0057946_19424874.jpg

滝口入道こと斎藤時頼は平重盛に仕える「滝口の武士(清涼殿の北にある詰め所「滝口」に勤める武士)」で、建礼門院の雑仕女・横笛と恋仲となりますが、身分の違いを理由に二人の仲を父から咎められた時頼は、恋と忠孝の板ばさみに悩み、ついにはそこから逃れるように嵯峨野の往生院にて出家を遂げます。

やがて、出家の事実を知った横笛は時頼を追って嵯峨野を訪れ、方々を探し回った挙句にようやく彼の読経の声を頼りにこの庵に訪ね当たりますが、時頼は修行の妨げになってはと同宿の僧を通じて「そのような者はここにいない」と返答して門前払いに。それでもどうしても思い切れない横笛は、自ら指を切りそのしたたる血で切なる思いを込めた一首の歌を石に書き記します(その石が上の写真の右手にようやく映り込んでいる丸い石)。

「山深み 思い入りぬる柴の戸の まことの道にわれをみちびけ」

とうとう時頼と会えぬまま嵯峨野を後にした横笛は、その後、奈良の法華寺に入り出家し、それを伝え聞いた時頼はようやく横笛に一首の歌を送ります。

「そるまでは 恨みしかとも梓弓 まことの道に入るぞ嬉しき」

この歌への横笛の返歌が、
「そるとても 何か恨みむ梓弓 引きとどむべき心ならねば」

共に様を変えてようやく叶った心の交流。
この二人が初めて詠み交わしたいう歌問答の歌碑が先ほどの歌石の前に立つ石碑です。




c0057946_1943376.jpg

さて、この歌石から石段をさらに登って本堂へ。




c0057946_19444983.jpg

茅葺屋根の素朴な作りはお寺というより田舎の民家のような佇まいで…。
この本堂の正面奥にはご両人の木像が安置されています。



c0057946_19451517.jpg

この世でついに結ばれることのなかった二人ですが、像だけは二人が共に居並ぶ姿で。
しかし、頑なだった時頼の心を表すかのように、どこかぎこちない風情も漂います。
そして、この像の視界の先に広がるのがこの端整な庭。



c0057946_19453745.jpg

直射日光が差し放題ですので、祇王寺ほど涼を感じることはできませんが、適度に明るさのある爽やかな庭園です。



c0057946_1946388.jpg


c0057946_19464083.jpg

こちらの障子の向こうに見える小さな御堂は、時頼の主人平重盛を祀るという小松堂。



c0057946_1947916.jpg



c0057946_19474031.jpg

そして、こちらは平家一門の供養ための平家供養塔と呼ばれる十三重石塔。
横笛説話に留まらず、時頼が重盛の家人であったことに由来する史跡もここ滝口寺では多く見受けられます。

とはいえ、時頼がこの地に滞在したのは出家間もない頃のほんのわずかな一時期のこと。
横笛に住まいを知られるや、再び逃れるように高野山へ登り、厳しい仏道修行の末に高僧と呼ばれるまでになった滝口入道時頼は、やがて零落したかつての主人・重盛の嫡男維盛の出家~熊野詣で~那智入水に立ち会うこととなります。








ところで、『平家物語』では法華寺で世を去った(覚一本)、あるいは大堰川(桂川)に身を投げた(延慶本)と結ばれている横笛のその後の消息ですが、今ひとつ、ドラマティック(?)な後日談を伝えるものがあります。タイムリーにも先日その現地を訪ねる機会がありましたので、引き続きそちらをご紹介したいと思います~♪




【このページの写真&動画は平成20年7月12日に撮影したものです】



《メモ》
  滝口寺 〈地図〉
    京都市右京区嵯峨亀岡町10-4
    TEL… 075-871-3929
    拝観料… 一般300円
    拝観時間… 9:00-17:00
[PR]
by kiratemari | 2008-08-07 19:53 | ├京都 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiratemari.exblog.jp/tb/9394491
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

「きらめきの刹那」 別館     花や史跡の探訪記録や     源平&時代物ドラマ話など   何でもござれの雑記帳


by kiratemari

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

最新の記事

大阪城梅林
at 2017-04-25 21:58
梅の花咲く梅宮大社
at 2017-04-20 22:24
枝垂れ梅咲く城南宮
at 2017-04-19 21:52
梅小路公園
at 2017-04-17 21:17
紅梅白梅咲き競う興正寺
at 2017-04-14 21:57
春霞の富士山
at 2017-04-13 22:11
雪の日本アルプス探訪
at 2017-04-11 21:30

リンク

カテゴリ

お知らせ
歴史語り
「きらめきの刹那」関連
書籍
テレビ
エンターテイメント
グルメ
関西探訪
├京都
├大阪
├兵庫
├奈良
├滋賀
└和歌山
旅の記録
├東北
├関東
├中部
├北陸
├四国
├中国
└九州
お出かけ
つれづれ

タグ

(554)
(245)
(159)
(132)
(111)
(100)
(93)
(86)
(63)
(47)
(41)
(40)
(34)
(23)
(21)
(20)
(16)
(14)
(12)
(11)

最新のコメント

ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 18:09
道明寺天満宮、なかなかの..
by ちゃんちゃん at 11:50
nekonezumiir..
by 手鞠 at 19:52
nekonezumiir..
by 手鞠 at 19:50
 リプライありがとうござ..
by nekonezumiiro at 21:35
 こんばんは。以前「関西..
by nekonezumiiro at 21:20
nekonezumiir..
by 手鞠 at 19:48
 こんばんは。単品販売が..
by nekonezumiiro at 21:55

最新のトラックバック

「天龍寺の蓮たち」/京都..
from 京の昼寝〜♪
アジサイ、梅雨に鮮やか
from ローカルニュースの旅
醍醐寺の紅葉◆3
from ディア・ルカラシティ
晩秋の風物詩 長谷寺で紅..
from ローカルニュースの旅

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧