醍醐寺霊宝館の桜

c0057946_1923144.jpg




 
「醍醐へ花見に」と言うと、普通は伽藍を見ればOKと思いがちですが、これが実は違うのですよね。そんなこととはつゆ知らず、3月28日に訪れた際には伽藍と三宝院だけ見て帰ってしまい、後で「アチャー!」と後悔しまくることに… (>_<)

他の時季はともかく、お花見が一番の目的で醍醐を訪れる際には、
何はなくとも 「霊宝館」。これを見ないことには始まりません!


c0057946_1935288.jpg


c0057946_1941526.jpg


c0057946_1943698.jpg


c0057946_1945584.jpg
門を一歩くぐるとそこは桜の巨木のギャラリー…。
桜こそが「醍醐寺の至宝」と言わんばかりの青空展示場と化しております (^^;)

中でも圧巻のスケールで度肝を抜かれるのがこちら。


c0057946_1952640.jpg
(この画像のみクリックで拡大表示可)


c0057946_195429.jpg
高さこそないものの、カメラに収まりきらないほどに伸びに伸びた枝ぶりの立派さ…。
月並みな言葉ですけど「鳳凰が翼を広げたよう」な優美さに思わず溜息が…。

ただ一週のタイムラグはやはり大きかったようで、残念ながら最盛期は過ぎていたようです。
そよと風が吹き抜けるたびに、先を争うように舞い踊る花吹雪…。
それもまた、もちろん風情があって良いのですが、どこかもの淋しい感傷も呼び起こされ、ついしんみりとした気持ちになってしまうのがちょっと切なくもあり…。



最後の方に風に舞い散る花びらも撮ってみましたが、ちゃんと映っているでしょうか (^_^;)
なお、この枝垂れ桜の巨木は霊宝館の中からもガラス越しで見ることができます。
光の加減で言うとそこから撮るのがベストのように思うのですが、残念ながら館内では撮影禁止。記憶に焼き付けるしかないのはつらいですね (-_-;)


c0057946_19646.jpg


c0057946_19122914.jpg
この日満開だったソメイヨシノや枝垂れ桜は後数日、あるいは月曜日の雨風でかなり散ってしまっているかもしれませんが、続いて今度は八重桜が盛りを迎えることになるのでしょうね。


c0057946_1964590.jpg


それはそうと、肝心の霊宝館内ですが、現在は 『やすらかな白描の世界と醍醐の春』 と題した特別公開が5月11日まで開催されています。
白描というのはいわゆる仏画の下絵の状態のもので、鎌倉時代以降の重要文化財指定の名品を多数展示。下絵らしくこの後に塗る色のメモ書きも散見するなど中々興味深いものでした。

が、一つ残念だったのは、現在ドイツで開催されている「醍醐寺展」に出品のため館内の仏様方はごっそりと洋行中だったこと。
奥の安置所はほとんどガランドウ状態で寒々としておりました (~_~;)



c0057946_197445.jpg


c0057946_1981284.jpg


c0057946_1983271.jpg
最後に霊宝館入口左手の枝垂れ桜。
こうして見るとまるで雪が降り積もっているかのようで…。
なお、この辺りの桜は霊宝館の外からでも塀越しに見られますので要チェックですよ (^o^)/


c0057946_1985283.jpg


ということで、次のレポは再び3/28分に戻してお送りして参ります。


c0057946_199177.jpg



【このページの写真&動画は平成20年4月5日に撮影したものです】



《メモ》
  醍醐寺・霊宝館 【地図】
   京都市伏見区醍醐東大路町22
   拝観料… 一般600円(三宝院・伽藍とのセット券もあり)
   拝観時間…9:00-17:00(受付は16:30まで)
[PR]
by kiratemari | 2008-04-08 19:14 | ├京都 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kiratemari.exblog.jp/tb/8619399
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by さくら at 2008-04-09 12:22 x
>手鞠さんへ
こんにちは〜
醍醐キターーーッ!
という気分で拝見させていただきました。
さすが!みごと!格が違うといった感じです。
枝垂れの枝ぶりが絵に描いたように美しいですね。
写真で見るだけでこれほど感動できるのですから、実際に見たら、まさに息を飲むのでしょうねー。
先のブログの醍醐と合わせて、素敵な風景を見させていただきありがとうございました。
これで拝観料600円なら安く思えますね(^^;
Commented by 手鞠 at 2008-04-09 23:05 x
さくらさん、こんばんは~♪

わざわざ二度も行った甲斐がありました。
御所の糸桜も大概スゴイと思いましたが、一本の木から発せられるパワーの違いは歴然でしたね。
こういうものは絵でしか見られないものと思っていたので、実際に目の当たりにした時には本当にもう鳥肌が立つほどでした。
来年もまず間違いなく訪ねてしまうことになるでしょうね (^^;)

拝観料600円はこれ一つなら全然高くないと思いますよ。
ただ、残りの二所も全部回ると計1500円の出費、これが痛い… (-_-;)
それでも、行けばきっと三所とも回ってしまうに決まっているのですけどね(汗)。

「きらめきの刹那」 別館     花や史跡の探訪記録や     源平&時代物ドラマ話など   何でもござれの雑記帳


by kiratemari

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

最新の記事

平等院・夜間特別拝観
at 2017-11-21 23:01
紅葉絶景~乗鞍
at 2017-10-12 20:46
夏旅(3)モネの池
at 2017-09-26 21:57
夏旅(2)上高地
at 2017-08-22 22:07
夏旅(1)白馬安曇野
at 2017-08-18 22:05
ひまわりの丘公園
at 2017-08-11 09:18
桜回顧(10)大原野
at 2017-08-09 22:01

リンク

カテゴリ

お知らせ
歴史語り
「きらめきの刹那」関連
書籍
テレビ
エンターテイメント
グルメ
関西探訪
├京都
├大阪
├兵庫
├奈良
├滋賀
└和歌山
旅の記録
├東北
├関東
├中部
├北陸
├四国
├中国
└九州
お出かけ
つれづれ

タグ

(572)
(247)
(159)
(132)
(111)
(109)
(93)
(86)
(63)
(47)
(41)
(40)
(34)
(23)
(21)
(20)
(16)
(14)
(12)
(11)

最新のコメント

ちゃんちゃんさん、ご無沙..
by 手鞠 at 17:35
 紅葉も良いですが、ライ..
by ちゃんちゃん at 08:03
鍵コメ様 諸事情に..
by kiratemari at 23:11
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 17:41
徐々に日常に戻られてます..
by ちゃんちゃん at 00:00
遅ればせながらこちらにも..
by 手鞠 at 20:27
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 20:26
お帰りなさい! 少し落..
by ちゃんちゃん at 22:58

最新のトラックバック

「天龍寺の蓮たち」/京都..
from 京の昼寝〜♪
アジサイ、梅雨に鮮やか
from ローカルニュースの旅
醍醐寺の紅葉◆3
from ディア・ルカラシティ
晩秋の風物詩 長谷寺で紅..
from ローカルニュースの旅

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧