早春の尾張・三河の旅 vol.4 野間大坊

c0057946_1951244.jpg




 
長田屋敷跡からさらに西へ数百メートル程行った所にある「野間大坊(のまだいぼう)」。
正式な名称は「鶴林山 無量寿院 大御堂寺(かくりんざん・むりょうじゅいん・おおみどうじ)」。
天武天皇の御世に役行者(えんのぎょうじゃ)によって創建され、聖武天皇の時代に行基が中興、その後、弘法大師も訪れたことがあるという由緒のある古刹ですが、実質的には源義朝の菩提寺として建てられたものではないかと見られています(廃寺を再興したとか)。

『吾妻鏡』によれば、野間の義朝の墓が荒れるに任せてあったものを尾張守として赴任した平判官康頼が整備し、水田30町を寄付してそこに小堂を建て、僧6名も置いて供養のための念仏を絶やさなかったとされ、この労に報い頼朝は康頼を阿波国麻殖保(おえのほ)の保司に任じたとしています《文治2年(1186)閏7月22日条》。

平康頼は治承元年(1177)6月に起きた「鹿ヶ谷事件」において藤原成経や俊寛と共に鬼界島に流された人物ですが、翌年に中宮徳子懐妊による大赦で召還されています。信頼の置ける史料には尾張守の任官を示すものは残っていないようで、どの時点で御堂の整備が成ったのかはっきりとはしませんが、鬼界島へ向かう途上に出家し、帰京後も籠居して仏教説話集「宝物集」を著すなど政治の表舞台からは退いていたように見受けられますので、少なくとも鹿ヶ谷以前のことではないかと思われます。



c0057946_1951462.jpg
本堂の隣にある源義朝の墓。
護摩壇のように供養塔の周りに積み重ねられているのは細長い木片です。


c0057946_1952211.jpg
湯殿で不意に襲われた義朝が、その末期に「我に木太刀の一本なりとあらば…」と叫んだと伝わる故事により、木太刀を模した木片に願い事を書いて奉納するようになったそうです。
しかし、今さら木太刀を得てもどうなるものでなし、当の義朝さんは「何で?」と大いに困惑されているかもしれませんね (^_^;)

そして、この廟所には義朝の墓を囲むようにして3つの墓が建てられています。



c0057946_1954521.jpg
義朝の郎党・鎌田政家(政清)と妻の墓。
政家は義朝と共に討たれ、妻は実の父が愛する夫の命を奪ったことを歎きつつ、後を追って自害したとされています。愛娘の死には長田忠致もさすがに動揺したことでしょうね。



c0057946_19542165.jpg
池禅尼の墓。
本堂に安置されている守本尊の地蔵菩薩像がかつて池禅尼より頼朝が賜ったもので、建久元年(1190)、上洛の途上に参詣した頼朝がこの寺に奉納したと伝えられているようです。



c0057946_19543743.jpg
そして、なぜか織田信長の三男信孝の墓も。
信長が本能寺の変で倒れた後、その跡目候補として柴田勝家に擁立された信孝でしたが、秀吉が推す三法師に破れ、賤ケ岳の戦いで勝家が敗死すると、ここ野間の地で自刃して果てたとされています。

「昔より主を討つ身の野間なれば むくいをまてや羽柴筑前」 (信孝の辞世の句)

「昔より主を討つ身の野間」の部分は言わずもがな義朝を誅した長田父子のことを指しており、彼らのように秀吉もいずれ報いを受ける時が来るであろうという恨みを込めた句。このような引用をされるほど、長田の主殺しの逸話は当時メジャーなものだったということでしょうね。



c0057946_19545222.jpg
源頼朝の建立とされる大門。
建久元年10月25日とありますので、先ほども少し触れましたが、京への上洛の途に参詣した際に寄進したものでしょうか。『吾妻鏡』建久元年10月25日条に寄進をしたとの記述がありますが、具体性に乏しいためか文化財の指定は受けていないようです。



c0057946_1955985.jpg
鎌倉幕府五代将軍・九条頼嗣寄進の鐘楼。
建長2年(1250)の建立として、こちらは重要文化財に指定されています。



c0057946_19552792.jpg
鐘楼の隣にある平判官康頼の墓。
この寺の実質的な創建者ということで特に墓が設けられたのでしょう。



c0057946_19554323.jpg
野間大坊の本殿と前庭にしつらえられた四国八十八箇所巡りの「お砂踏み」。
ちょっとややこしいのですが、冒頭の写真は大御堂寺の本堂で、厳密には野間大坊と大御堂寺は同じ境内にありますが別のお寺ということのようです (;´Д`)

なお、こちらの本殿ではご住職による「源義朝御最期の絵解」を聞くことができるそうなのですが、時間と同行者の都合で今回は遠慮させていただきました。漏れ聞く所によりますれば、絵解に使われる絵は初代尾張藩主・徳川義直が狩野探幽に書かせたものだそうで、今さらながら拝見できなかったのが非常に残念です (/_;)


ということで、二回に分けてお送りしました野間史跡めぐり。
後編の野間大坊についてはうっかり撮り忘れていたため動画はございません。

そして、この後は知多半島の対岸・伊良湖岬へと話は移ります。


【このページの写真は平成20年2月10日に撮影したものです】



《メモ》
  野間大坊(大御堂寺) 〈地図〉
   愛知県知多郡美浜町野間東畠50
[PR]
by kiratemari | 2008-02-26 20:03 | ├中部 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiratemari.exblog.jp/tb/8323326
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

「きらめきの刹那」 別館     花や史跡の探訪記録や     源平&時代物ドラマ話など   何でもござれの雑記帳


by kiratemari

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

最新の記事

平等院の藤
at 2017-05-26 22:26
GW旅行(6)福岡・後編
at 2017-05-25 22:06
GW旅行(6)福岡・前編
at 2017-05-23 22:06
GW旅行(5)長崎・後編
at 2017-05-19 22:10
GW旅行(4)長崎・前編
at 2017-05-17 21:54
GW旅行(3)展海峰
at 2017-05-12 19:26
GW旅行(2)御船山楽園
at 2017-05-10 22:27

リンク

カテゴリ

お知らせ
歴史語り
「きらめきの刹那」関連
書籍
テレビ
エンターテイメント
グルメ
関西探訪
├京都
├大阪
├兵庫
├奈良
├滋賀
└和歌山
旅の記録
├東北
├関東
├中部
├北陸
├四国
├中国
└九州
お出かけ
つれづれ

タグ

(559)
(245)
(159)
(132)
(111)
(100)
(93)
(86)
(63)
(47)
(41)
(40)
(34)
(23)
(21)
(20)
(16)
(14)
(12)
(11)

最新のコメント

ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 23:11
 凄い景色ですね!! ..
by ちゃんちゃん at 08:27
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 21:52
 なばなの里、良いですね..
by ちゃんちゃん at 12:20
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 18:09
道明寺天満宮、なかなかの..
by ちゃんちゃん at 11:50
nekonezumiir..
by 手鞠 at 19:52
nekonezumiir..
by 手鞠 at 19:50

最新のトラックバック

「天龍寺の蓮たち」/京都..
from 京の昼寝〜♪
アジサイ、梅雨に鮮やか
from ローカルニュースの旅
醍醐寺の紅葉◆3
from ディア・ルカラシティ
晩秋の風物詩 長谷寺で紅..
from ローカルニュースの旅

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧