京の紅葉を訪ねてII-vol.1 清水寺

 
c0057946_1946968.jpg




 
バス停からえっちらおっちらと坂道を登り、やって参りました清水寺。

 
c0057946_19463556.jpg

朝7時台の清水寺の境内。
この時間帯でも、既に人影なしの写真を撮るのは難しいとは…(-_-;)
ちらほらプチ団体さんの姿も見え、さすがは京都の中でも一ニを争う超有名スポットだと実感しました。それでも絶対数はまだまだ全然少ないのですけどね。


c0057946_19484140.jpg

舞台から見下ろす紅葉の海。
まだ日が昇り切る前でしたので、写真にするとどうしても少しどす黒い感じになってしまい残念。光の加減だけを見れば、早朝よりも9時以降ぐらいの方がいいのでしょうね。

そして、ここからずっと西の方へ視線を移すと、紅葉越しに市街地まで見事に見通すことができます。



c0057946_19485414.jpg

何だかんだ言っても、京都タワーは一目でそれとわかるので、こういう時の目印にはとても便利ですよね。



c0057946_1949730.jpg

奥の院から眺める清水の舞台。定番の撮影アングルですね。
こちらもやはりまだ日が当たっていないため、紅葉の色がイマイチさえませんが、しかし、ちゃんと床が見えるほど人少なの舞台というのも、そうそう撮れる代物ではありませんからね (^_^;)



c0057946_19493191.jpg

奥の院からさらに南側へ寄った所から見た三重塔。
日の当たっている所とそうでない所のコントラストの差が激しすぎて、影に合わせればバックが白く飛んでしまい、バックに合わせれば手前の紅葉が真っ黒に。まったく! カメラマン(?)泣かせの被写体です (~_~;)


c0057946_1949527.jpg

舞台から見てちょうど向かい側に位置する子安塔。
塔内には、平治の乱の折に、常盤御前が今若・乙若・牛若の三人の子を連れての逃亡の途に一時身を寄せて、子らの無事を祈願したという観音様が祀られています。

周囲は普通に紅の紅葉なのに、塔にかかるこの樹だけ黄色味の強いオレンジ色。
でも陽射しを受けると黄金色に輝いて、これはこれで綺麗でした。



c0057946_1950910.jpg

子安塔の参道から紅葉越しに見る舞台。
ここまで30分とかかってないはずなのに、舞台上の人の数は確実に増えてました。



c0057946_19511641.jpg

ちょうど光の加減の良い場所に立っていた阿弖流爲(アテルイ)と母禮(モレ)の石碑。

ここ清水寺は、奈良時代末期の宝亀9年(778)に、延鎮上人が夢に現れた観音様のお告げにより開山し、この延鎮上人に帰依した坂上田村麻呂が延暦17年(798)に仏殿を寄進し、十一面千手観音立像を安置したのが始まりとされるお寺。その関係から田村麻呂によって制圧され処刑された蝦夷の首長・阿弖流爲と母禮の顕彰碑が、平安遷都1200年に当たる平成6年(1994)に建立されたようです。



c0057946_1951323.jpg

紅葉と緑と薄紅の花のコラボ。
花びらにピントを合わすはずが、奥の紅葉に合ってしまい、少々ボケた写真になっていますが、紅葉のグラデーションが一番綺麗に出ているのがコレだったので、とりあえず掲載。



c0057946_19514837.jpg

紅葉越しに下から見上げる三重塔。
ここまで来てようやく日が昇り切って良い感じに… (^_^;)

しかし、ここから入口の仁王門へ回ってみれば、何組もの修学旅行生がスタンバっていましたから、その前に見て回れて結果的に良かったのではないかと…。







それにしても、何十年かぶりに訪れた清水寺。
どちらかというと桜のイメージの方が強くて、これほど紅葉も見事だとは正直思っていませんでした。次は是非ともライトアップに挑戦してみたいですね (^.^)



【このページの写真&動画は平成19年12月1日に撮影したものです】



《メモ》
  清水寺 〈地図〉
    京都市東山区清水1丁目294
    電話 075-551-1234
    拝観時間 6:00~18:00(ライトアップ 18:30~21:30)
    拝観料 300円
[PR]
by kiratemari | 2007-12-05 19:58 | ├京都 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kiratemari.exblog.jp/tb/7637338
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sanraku2 at 2007-12-07 00:27 x
清水の舞台から見下ろす色とりどりの樹海・・・素敵です(*^^*)ポッ

>日の当たっている所とそうでない所のコントラストの差が激しすぎて、影に合わせればバックが白く飛んでしまい、バックに合わせれば手前の紅葉が真っ黒に。
これ、先日私も全く同じことを体感しました。こういうときは二兎を追わずにどちらかに絞っちゃった方がいいのかもしれませんね。


それにしましても、観光シーズンとはいえ清水寺の朝は早いですねぇ。写り込みを防ぐには7時前に行くしかないでしょうかφ(..)メモメモ
Commented by 手鞠 at 2007-12-07 22:23 x
sanraku2さん、こんばんは~♪
清水寺は朝6時から拝観できるので、朝駆けには持って来いなのですが、同じようなことを考えている人が集まって来る場所でもあるみたいですね。特に日中に大混雑が予想される時ほど… (~_~;)

sanraku2さんも、光の加減では同じような苦労をされていたのですね。
特に冬場は日が傾き気味ですので、光の捉え方一つで全く違う感じになってしまって…。両極端のものを間に置いてどう調整を図るか…、そこが写し手の個性になるんでしょうね。
それにしても、瞬時にピントも光量も適正に合わせてしまう人間の目ってスゴイですよね。

「きらめきの刹那」 別館     花や史跡の探訪記録や     源平&時代物ドラマ話など   何でもござれの雑記帳


by kiratemari

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

最新の記事

城北菖蒲園
at 2017-06-21 21:48
桜回顧(5)法金剛院
at 2017-06-20 22:25
乙訓寺
at 2017-06-16 21:49
桜回顧(4)本満寺
at 2017-06-14 22:15
霧島躑躅咲く長岡天満宮
at 2017-06-12 22:14
桜回顧(3)平野神社
at 2017-06-09 22:43
桜回顧(2)京都御苑
at 2017-06-06 22:18

リンク

カテゴリ

お知らせ
歴史語り
「きらめきの刹那」関連
書籍
テレビ
エンターテイメント
グルメ
関西探訪
├京都
├大阪
├兵庫
├奈良
├滋賀
└和歌山
旅の記録
├東北
├関東
├中部
├北陸
├四国
├中国
└九州
お出かけ
つれづれ

タグ

(561)
(245)
(159)
(132)
(111)
(104)
(93)
(86)
(63)
(47)
(41)
(40)
(34)
(23)
(21)
(20)
(16)
(14)
(12)
(11)

最新のコメント

ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 23:11
 凄い景色ですね!! ..
by ちゃんちゃん at 08:27
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 21:52
 なばなの里、良いですね..
by ちゃんちゃん at 12:20
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 18:09
道明寺天満宮、なかなかの..
by ちゃんちゃん at 11:50
nekonezumiir..
by 手鞠 at 19:52
nekonezumiir..
by 手鞠 at 19:50

最新のトラックバック

「天龍寺の蓮たち」/京都..
from 京の昼寝〜♪
アジサイ、梅雨に鮮やか
from ローカルニュースの旅
醍醐寺の紅葉◆3
from ディア・ルカラシティ
晩秋の風物詩 長谷寺で紅..
from ローカルニュースの旅

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧