秋の高野山めぐり vol.1 壇上伽藍

すっかりお待たせしました高野山散策レポ。
先月末の訪問から早半月が経ち、かなり記憶も抜け落ち気味ですが(汗)、とりあえず写真を上げておけばそれなりに格好もつくだろう…の開き直りの精神で参りたいと思います (^_^;)



 
平安時代初期に弘法大師空海が真言密教の修行場として開いた高野山。
大阪府&奈良県との県境に程近い和歌山県北部に位置し、『八葉の峰』と呼ばれる標高1000m級の山々に囲まれた盆地に、多くの諸堂が立ち並ぶ様は、仏道修行の聖地に相応しく「蓮」の花が開いたような立地となっています。なお「高野山」というのは山号で、付近に単体で「高野山」と名のつく山はないそうです。

ということで、まずは聖地への入口「大門(だいもん)」から。

c0057946_12445630.jpg

元はこれより数百メートル下方の「九折谷」という場所に鳥居があり、それを永治元年(1141)に現在の場所に移し仁王門に改め、その後、何度か焼失再建を繰り返し、現在の門は宝永2年(1705)の再建とのことです。ちなみに両脇に安置されている金剛力士像は東大寺南大門に次ぐ大きさだそうですが、車から降りずに門のみ撮影したので今回はお目にかかれず終いで…。


さて、ここから東西5kmにも及ぶ領域に広がる高野山は大きく3つのエリアに分かれます。
まず一つ目は真言密教の思想を具現化したという「壇上伽藍(だんじょうがらん)」。


c0057946_12452069.jpg



c0057946_12453233.jpg

空海が一番最初に開山した場所だそうで、朱塗りの根本大塔を密教宇宙の中心軸に、諸堂塔が曼荼羅の如く整然と配置される聖域です。

その中心を成す根本大塔は、昭和12年に過去の記録をもとに鉄筋コンクリート造で再建されたものですが、塔内には金色に輝く胎蔵界大日如来と金剛界の四仏が祀られ、柱に描かれた彩色の諸仏も相まって、絢爛華麗な世界が広がります(写真撮影はもちろん禁止)。

そして、根本大塔の手前に植わっている2本の松が「三鈷の松」。
唐から帰朝した空海が、真言密教の道場を築く場所を求め、それにふさわしい地へ「飛んで行け」と念じて、三鈷杵(密教の修法に用いる法具の一つ)を投げた所、この松の木に引っ掛かったという伝説があるとかで、長年植え継がれて来たものだそうです。


c0057946_12455410.jpg

根本大塔に向かって左側に建つ「御影堂」。
弘法大師の持仏堂、念誦堂ともいわれる堂で、今あるのは弘化4年(1847)に紀州徳川家によって再建されたものとか。内部は通常は非公開ですが、年に一度、旧暦3月21日の「旧正御影供」の前日の御逮夜にのみ一般人もお参りができるそうです。


c0057946_1246579.jpg

「三鈷の松」を挟んで御影堂の向かい側に建つ「金堂」(但しこれは裏側)。
山内の主な法要は軒並みここで執り行なわれ、創建時にも諸堂伽藍の中で最初に建てられたのだとか。内部も拝観できますが、今回は時間の都合でスルー (^_^;)




始めに規制の厳しい奥の院へ行ったこともあって、その流れからか何となく動画は撮り忘れてしまい、家に帰って見直すとこれだけしか撮っていませんでした。どうりで今回はバッテリーの減りが少なかったわけで…。この日のために追加購入して3本体制で臨んだのに、ほとんど1本で済んでしまいました。やはり動画恐るべし?



c0057946_12462647.jpg

「不動堂」
鎌倉時代に建てられたもので、高野山内でも数少ない国宝建造物なのですが、ほとんどの人は見向きもせず大塔へまっしぐら… (-_-;)


c0057946_12464146.jpg

「三昧堂」と「西行桜」
西行法師もここで修行したと言われ、手前の桜の木も法師が手ずから植えたものと伝えられているようです(それにしては幹が細いようにも…)。


c0057946_12465865.jpg

「蓮池」
朱塗りの橋は善女龍王を祀る祠がある池の中島に架けられたもの。
善女龍王は弘法大師が神泉苑で祈雨法を修した時に出現した龍王とか。


高野山の顔とも言うべき「壇上伽藍」。
限られた滞在時間でも、高野山を訪れたからにはここだけは絶対に外せないポイントですね。

あと国宝級の仏像が多数展示されている霊宝館も見ておきたかったのですが、こちらは時間切れで今回は断念。というのも、記事としては一番最初にお送りしましたが、実際に訪れた順番ではこのエリアが最後…。

初訪問の場所は土地不案内なこともあり、どうしても時間のやり繰りが思うようには行かず、結果、見逃してしまうものも多くなってしまいますね。
まあ、その分、再訪しようという気持ちも強くなるのですが、ただ同じ近畿圏とはいえ、京都奈良のように思いついたら即…とは行かない距離がもどかしい…(-_-;)


ということで、vol.2 金剛峯寺&僧坊めぐり に続く~♪


【このページの写真&動画は平成19年10月28日に撮影したものです】



《メモ》
  高野山真言宗 総本山金剛峯寺 〈地図〉
    和歌山県伊都郡高野町高野山


☆Next → 秋の高野山めぐり vol.2 金剛峯寺&僧坊めぐり
[PR]
by kiratemari | 2007-11-15 12:50 | ├京都 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiratemari.exblog.jp/tb/7439531
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

「きらめきの刹那」 別館     花や史跡の探訪記録や     源平&時代物ドラマ話など   何でもござれの雑記帳


by kiratemari

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

最新の記事

城北菖蒲園
at 2017-06-21 21:48
桜回顧(5)法金剛院
at 2017-06-20 22:25
乙訓寺
at 2017-06-16 21:49
桜回顧(4)本満寺
at 2017-06-14 22:15
霧島躑躅咲く長岡天満宮
at 2017-06-12 22:14
桜回顧(3)平野神社
at 2017-06-09 22:43
桜回顧(2)京都御苑
at 2017-06-06 22:18

リンク

カテゴリ

お知らせ
歴史語り
「きらめきの刹那」関連
書籍
テレビ
エンターテイメント
グルメ
関西探訪
├京都
├大阪
├兵庫
├奈良
├滋賀
└和歌山
旅の記録
├東北
├関東
├中部
├北陸
├四国
├中国
└九州
お出かけ
つれづれ

タグ

(561)
(245)
(159)
(132)
(111)
(104)
(93)
(86)
(63)
(47)
(41)
(40)
(34)
(23)
(21)
(20)
(16)
(14)
(12)
(11)

最新のコメント

ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 23:11
 凄い景色ですね!! ..
by ちゃんちゃん at 08:27
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 21:52
 なばなの里、良いですね..
by ちゃんちゃん at 12:20
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 18:09
道明寺天満宮、なかなかの..
by ちゃんちゃん at 11:50
nekonezumiir..
by 手鞠 at 19:52
nekonezumiir..
by 手鞠 at 19:50

最新のトラックバック

「天龍寺の蓮たち」/京都..
from 京の昼寝〜♪
アジサイ、梅雨に鮮やか
from ローカルニュースの旅
醍醐寺の紅葉◆3
from ディア・ルカラシティ
晩秋の風物詩 長谷寺で紅..
from ローカルニュースの旅

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧