長崎珍道中記 vol.10 - 和布刈&門司

長崎市内観光は結局グラバー園のみでタイム・オーバー。
何せ往路でのおぞましい大渋滞が頭にあったので、念には念をと、ここは早めに出発ということになったのでした。

長崎自動車道・長崎ICの入口手前でお世話になった伯母一家と別れ、一路、北九州・門司を目指します。



 
心配された渋滞にもほとんど遭遇せず、予想を上回るスムーズさで佐賀・福岡を通過。
最後のSAで相変わらず給油には30分ばかりを要したものの、フェリーの出航時間までまだ4時間近くあったので、門司近辺を少し観光して行こうという話に。それならば…と、ここに、予定には入れていなかったけれど、できれば行ってみたいと思っていた「めかり公園」行きが実現することになったのでした。

この「めかり」という地名、漢字では「和布刈」と書きまして、壇ノ浦の対岸、関門橋の九州側のすぐたもとに「和布刈神社」という社もあるのですが、こちらでは毎年旧暦の大晦日の深夜から元旦にかけて、神官が社の前の海に入り、鎌で和布(わかめ)を刈りとって神前に供える神事が、遠く奈良時代より続けて行われているそうです。つまり「わかめ刈り」から「めかり」となったわけですね(笑)。

c0057946_18424211.jpg

こちらはその和布刈神社そばの海岸べりから見た夕景。
壇ノ浦合戦の決着が着いた時間帯には正午説(吾妻鏡)と夕刻説(玉葉)とありますが、やはり沈み行く夕日に平家の末路が重なる後者の方が、よりドラマチックに感じられますね。

そして、「めかり公園」に行きたかった最大の理由は↓コレ!
c0057946_1843440.jpg
(画像をクリックすると拡大表示できます)

「和布刈神社」の裏手の山を山頂まで上り、少し下った所にある「めかり第ニ展望台」(狭い道なので一方通行なのです)。
ここに1400枚の有田焼の陶板からなる高さ3メートル、幅44メートルの「壇ノ浦合戦絵巻」の大壁画があり、屋外陶板壁画としては日本一の規模を誇るのだとか。

原画は赤間神宮所蔵 「 紙本金地着色安徳天皇絵 」の一部を基にしているそうで、戦況を占うイルカの群れ、義経の八艘飛び、安徳帝と二位尼の乗る御座船、入水した建礼門院が熊手で引き上げられる図など、名場面の数々が絵巻風に流れるように描かれています。
c0057946_184327100.jpg
(これのみ画像をクリックすると拡大表示できます)

c0057946_18434033.jpg

c0057946_1844088.jpg

c0057946_18441044.jpg


時間的な問題で、ここまで来るのはまず無理だろうと思っていただけに、最後のこのオマケが一番印象深かったかも (^_^;)


そして、同じ展望台から見た関門橋と門司港。
c0057946_18454293.jpg
c0057946_18455651.jpg


次に向かったのはその門司港。
明治22年(1889年)の開港以来、大陸貿易の基地として栄え、明治後期から昭和初期にかけてモダンな西洋建築物が数多く建てられたその遺産を生かしつつ、周辺地域のホテルや商業施設なども大正レトロ調に整備された観光スポット 門司港レトロ へ。


c0057946_18484222.jpg
北九州市旧大阪商船
(国登録文化財・大正6年建築)


c0057946_18514015.jpg
北九州市門司三井倶楽部
(国登録文化財・大正10年建築・平成2年移築)


c0057946_18502426.jpg
北九州市旧門司税関
(明治45年再建)


c0057946_1853681.jpg
国際友好記念図書館
(北九州市-大連市友好都市締結15周年記念の複製建築)


c0057946_18532574.jpg
高層マンション「レトロハイマート」
(31階部分に設けられた「門司港レトロ展望室」は観光客も見学可)


そう時間に余裕もなかったので、今回は外観をざっと見て回るしかできませんでしたが、長崎とはまた違った懐古的な情緒の楽しめる趣きのある場所。また次の機会があれば、今度はゆっくりと夜景まで楽しみたいですね。


ところで、ここ門司港レトロにもこういう看板が…。
c0057946_18534517.jpg

義経と弁慶…やはりNHK大河の力って大きいものですね (~_~;)


そして、ここにもありました! ハロー・キティ・グッズたち…。
c0057946_1854767.jpg
c0057946_18541965.jpg
長崎でも見かけましたが丼鉢つきのちゃんぽんに、義経仕様のミニタオル、メモ帳、ボールペン、マスコット etc...
まったく何でもありですね…(^_^;)


c0057946_18545162.jpgしかし「なんだかなあ…」と思いつつも、「まあせっかくだし…」と、記念に牛若ストラップとメモ帳を買ってしまいました !
(画像をクリックすると拡大表示できます)

これからもコレクションして行こうかしらん?



レトロめぐりと海産物(ウニとかね)などの土産品物色で1時間弱滞在した後、フェリー乗り場は門司港ではなく「新門司港」なので、そちらへ移動。出航1時間半前には余裕で到着できたのですが、思いの外、入船に時間がかかり、少々ヤキモキする一コマもありましたが、午後8時に無事新門司港を出航。

個室がとれず2等船室だったので、必ずしも快適な船旅とは行きませんでしたが、眠りが浅かったおかげで、瀬戸内海にかかる三大大橋を見ることはできました。ただ、残念ながら通過時間帯が深夜だったため、ライトアップは終わっていて、来島海峡大橋、瀬戸大橋はカメラに収めることはできず。瀬戸大橋のところではまだ午前3時半前ながら、肉眼では屋島の稜線が薄っすらと見えていたのですけど…。


最後の明石海峡大橋は通過が朝の6時20分頃でしたので写真もバッチリ。
c0057946_18595813.jpg
c0057946_1901233.jpg


そして、午前8時に大阪南港着(ジャスト12時間の船旅)。
c0057946_1914669.jpg
左手前の高いビルは、西日本一の高さ(256m)を誇るWTCコスモタワー(大阪ワールド・トレード・センター・ビルディング)です。


8月12日夜に出発して17日朝の帰着まで、実質5泊4日(車中・船中各1泊含む)の強行軍もこれにて終了。道中、様々なハプニングもありましたが、それもまた良き思い出のうち。総じて満足の行く旅でした。


ということで、どちらかというと自分用の備忘記録が主目的なもので、あれもこれもと詰め込んだ結果、とんでもなく長い旅行記になってしまいましたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました m(__)m

とりあえず「忘れないうちに…」と、こちらを優先して来ましたので、ともかく一つ片付いてくれてホッ。ようやく人形劇のレビューの続きにもとりかかれます。とはいえ、記事アップの方はどうか今しばらくお待ちのほどを m(__)m




☆Back → 長崎珍道中記 vol.9 - 長崎事始め



[PR]
by kiratemari | 2006-09-13 19:22 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kiratemari.exblog.jp/tb/4548885
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by えりか at 2006-09-13 20:47 x
 手鞠さん、今晩は♪

 旅行記の完結おめでとうございます。

 源平関連の史跡からハウステンボス、そして長崎市内の観光と、盛りだくさんの旅だったのですね。楽しい思い出もたくさんできたようで何よりです。

 そして、最後にまた、源平の史跡を見ることができて良かったですね。壇ノ浦合戦絵巻は生で見ると壮観なのでしょうね。合戦を占ういるかまで描かれているとはすごいです。私もぜひいつか見に行きたいですね。

 それにしましても写真に写っている海がきれいです。船の旅というのもなかなか良いものなのでしょうね。
Commented by 手鞠 at 2006-09-14 00:55 x
えりかさん、こんばんは~♪
コメントありがとうございます。どうにか完結できました!
日にちが経つにつれ記憶がだんだん曖昧になって行くので、早く上げてしまわないと…とかなり焦ってやったつもりなのですが、やはり完結まで1ヶ月かかってしまいました(汗)。

しかし、最後に壇ノ浦合戦絵巻を見れたのは本当ラッキーでした。あれがなければ、少々尻すぼみの感もなきにしもあらずでしたし…。イルカが描かれていたのには私もビックリしました(笑)。

今までフェリーは数えるほどしか乗ったことがありませんが、海から眺める陸地というのはやはりちょっとした感動がありますね。ただ、今回は瀬戸内海でしたので、ほとんど揺れというほどのものは感じることなく、その点では快適な船旅でしたが、船酔いするほどの大揺れに遭遇するとそんなことは言ってられなくなりますからね(汗)。何にせよ天候の予測はまず不可能ですから、結局は運任せということになりますね。

「きらめきの刹那」 別館     花や史跡の探訪記録や     源平&時代物ドラマ話など   何でもござれの雑記帳


by kiratemari

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

最新の記事

夏旅(2)上高地
at 2017-08-22 22:07
夏旅(1)白馬安曇野
at 2017-08-18 22:05
ひまわりの丘公園
at 2017-08-11 09:18
桜回顧(10)大原野
at 2017-08-09 22:01
紫陽花咲く長谷寺
at 2017-08-07 20:22
なにわ淀川花火大会
at 2017-08-05 23:02
桜回顧(9)長谷寺
at 2017-08-03 22:10

リンク

カテゴリ

お知らせ
歴史語り
「きらめきの刹那」関連
書籍
テレビ
エンターテイメント
グルメ
関西探訪
├京都
├大阪
├兵庫
├奈良
├滋賀
└和歌山
旅の記録
├東北
├関東
├中部
├北陸
├四国
├中国
└九州
お出かけ
つれづれ

タグ

(571)
(245)
(159)
(132)
(111)
(109)
(93)
(86)
(63)
(47)
(41)
(40)
(34)
(23)
(21)
(20)
(16)
(14)
(12)
(11)

最新のコメント

 川が綺麗なグリーンです..
by ちゃんちゃん at 08:02
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 22:48
 さすが手鞠さんという写..
by ちゃんちゃん at 08:17
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 23:11
 凄い景色ですね!! ..
by ちゃんちゃん at 08:27
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 21:52
 なばなの里、良いですね..
by ちゃんちゃん at 12:20
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 18:09

最新のトラックバック

「天龍寺の蓮たち」/京都..
from 京の昼寝〜♪
アジサイ、梅雨に鮮やか
from ローカルニュースの旅
醍醐寺の紅葉◆3
from ディア・ルカラシティ
晩秋の風物詩 長谷寺で紅..
from ローカルニュースの旅

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧