神々をめぐる熊野路の旅 vol.5

「瀞峡めぐり」も感動のうちに終え、お次はいよいよ本宮大社へ向かいます。
再びあの細い道路をエッチラオッチラと分岐点まで取って返し、国道168号線(十津川街道)にカムバック。そこから20分ほど車を走らせると、川湯・渡瀬(わたらせ)・湯の峰の各温泉郷の標識が現れ、目指す熊野本宮大社はそれらを通り過ぎた先に…。



 
c0057946_19531673.jpg全国で3000社を超える熊野神社(熊野大好き人間の後白河法皇が京都の法住寺殿のすぐそばに勧請して建てた新熊野神社もその一つ)の総本宮・熊野本宮大社。

元は、ここから1kmほど南東の熊野川・音無川・岩田川の3つの川の合流点である「大斎原(おおゆのはら)」と呼ばれる中洲にあったのが、明治22(1889)年の大洪水によって倒壊・流失したことから、明治24年に現在地に遷座されたという歴史をたどっています。
よって、いにしえの貴人方が訪れた往時を偲ぶことはできないのですが…。


c0057946_19553714.jpgさて、ここでもやはり、石段が待ち受けておりました。といっても、一の鳥居から続く石段は158段。しかも、整備されたものなので、さほど苦にもならず(前日の那智のきつさに比べれば…)、余裕で社殿に到着。

那智・速玉の華麗さとは打って変わり、檜皮葺きの古色蒼然とした趣は重厚そのもの。
残念ながら「神域につき写真撮影は禁止」との立て札があったので、この先は自粛です(ほとんどの人が携帯などで撮ってましたけどね)。

そして、ここでも忘れてはならない「牛王神符」。
那智や速玉は1種類でしたが、本宮大社では大(2000円)、小(500円)の2種類がありました(もちろん500円の方を購入)。c0057946_1956225.jpg

    山     熊
            
       印

    宝     野



速玉大社と同じく「熊野山宝印」と書かれているそうですが、デザインは大分違いますね。でも、こちらの方がまだ、右側は「熊野」と読み取れるような気が…。


c0057946_13164586.jpgしかし、こうして三山全てを集めてみると、みな大きさがてんでバラバラ。
紙の大きさに占めるデザインの割合もそれぞれ異なるので、これを単純比較するのもなんですが、実質、本宮がお高くなっているのは「うちが本家本元だ!」との主張なのでしょうか?


さて、お参りを終えて出てくると、宝物館の立て札が。
ここまで、この類ものは、時間的な都合もあってパスしてきましたが、短縮版「瀞峡めぐり」のおかげで、少し時間に余裕ができたのでここはお立ち寄り(300円)。伝・源頼朝奉納の「鉄湯釜」(重要文化財)なんてものもありました(詳細は こちら を参照のこと)。

そして、宝物館見学を終えて外へ出るとちょうどお昼時でしたので、鳥居の横にある「茶房珍重庵」へ。三人揃って「ざるそば」を注文しましたが、お客が多くて捌き切れないのか、とにかく出てくるまでの時間の長かったこと…。
大阪人は「せっかち」で知られていますが(汗)、それでも、これは文句なしに遅かったぞー!

30分近く経ってようやく出てきましたが、とりあえず「ざるそば」の名は「せいろそば」にでも変えましょう。待たされ過ぎて、また写真を撮り忘れたのですが、竹製(?)の丸い「せいろ」に黒々としたお蕎麦が盛られ、なぜか大根の桂剥きの細切りがのっかっていました。お味の方は、まあ、いたって普通のお蕎麦でしたが、つけダレが少々薄味だったかな?

c0057946_203875.jpgなお、こちらのお店では、熊野三山でしか売っていないという「もうで餅」が名物だそうで、自宅用に一折購入(店内でも抹茶付き315円でいただけます)。

いわゆる餡餅に、きな粉ならぬ「玄米粉」をまぶした素朴な味わいのお菓子です(写真は帰宅後自宅にて)。


この後、駐車場横のみやげ物店でもしばしお買物タイムをとり、1時過ぎ頃に本宮を出発。次に向かうは奈良県・十津川村。紀伊半島のど真ん中に位置する日本一面積の広い村(しかも南北に長い)で、事実、南部の十津川温泉から北の端に至るまでに、車で1時間以上かかりました(山道でスピードが出にくいせいもありますが…)。

そして、その北端近くにある十津川村の超有名スポットといえばこちら「谷瀬の吊り橋」。全長297mの鉄線橋は、歩行者用としては日本一の長さを誇ります。

c0057946_1730929.jpg


地上54mという高さもさることながら、幅も1mほどしかなくて、すれ違うのがやっと。この日は休日とあって訪れる人も多く、橋のたもとにいる係員のおじさんの指示で、10人ほどで一塊の列を作り渡って行くのですが、いきなり足許の不安定さにオットットー(笑)。幸い、高所恐怖症というほどのことはないので、その高さに眩暈を覚えるようなことはありませんでしたが、足を踏み下ろす度に、揺れの振幅や向きがコロコロ変わるので、その予想のつかない動きにかなりまごつかされました。

それと、とにかくすれ違いがやっとの幅ですので、前の人がつかえると、簡単に追い抜くこともできません。よって「早く渡り切りたい!」と思うせっかちさんには、多少イライラが募ることも…(汗)。

わずか300m足らずが何と遠く感じられたことか…。どうにか渡り切った後も、まだ何か揺れているような感覚も残り、変な所に力が入りすぎて膝はガクガク。達成感よりも疲労感の方が強かったですね。しかし、渡った以上、当然のことながら、また同じ道を戻らなくてはなりません(汗)。少しだけ休憩して、復路に挑みますが、多少は慣れた部分もあったかもしれませんが、それでも、やはり怖さは抜け切らなくて…。ただ、ほんの少し往きより短く感じられたかな?(笑)

最後の最後で、またまた、冷や汗ものの体験。しかし、こういう体感ものの方が、思い出の一コマとしては、いつまでも強く心に残ることと思います。



☆今回の旅のおさらい☆
 10/8(土)
   〔田辺〕闘鶏神社           (vol.1)
   〔串本〕海中公園・橋杭岩      (vol.2)
   〔那智〕大瀧・那智大社・青岸渡寺 (vol.3)
 10/9(日)
   〔新宮〕速玉大社           (vol.4)
   〔瀞峡〕峡谷めぐり           (vol.4)
   〔本宮〕本宮大社・宝物館      (vol.5)
   〔十津川〕谷瀬の吊り橋       (vol.5)

当初の天気予報では、8日は降水確率70%、9・10日にかけて回復傾向と見られていたのが、実際に傘を差しての見物となったのは「闘鶏神社」のみと、vol.2の終りにも書きましたが、車や建物など屋根の下にいる時に大雨が降って、外へ出る時には止んでいるといったパターンに、再三、助けられました。

9日も雲の多い空模様ながら、午前中は時折日も差したりとまずは上々でしたが、午後から少しどんよりと雲も厚くなり、吊り橋に着いた頃には、まだ3時前にも関わらず、既に夕刻のような暗さ。それでも、雨が降る所まではいかなかくて、どうにか助かりました。何せ、傘を差してあの吊り橋を渡るのは、さすがに無謀というものでしょう…。

こうして振り返ってみても、とにかく、何かとついていた感の強い今回の旅。
しかも、帰宅した翌日の10日(旧体育の日)は、晴れの得意日にも関わらず、一日中ドシャ降りでしたからね(大阪では)。
出発前には、日~月にすれば良かった…などと言っていたのが、結果としては、この日程で大正解。これも、神様めぐりの効用でしょうかね。

でも、もしかすると…、別のおかげとかも…?

c0057946_208327.jpg
実は、今回の旅には、私達三人の他に、もう2匹、車のダッシュボード上(助手席側)を指定席にして、同乗していたのでした。
 
 
 


 
 
その正体は…
 



c0057946_2094681.jpg

犬のぬいぐるみコレクターの我が母上が、また性懲りもなく連れて来た(汗)手のひらサイズの犬のぬいぐるみ2匹。しかし、その首から鈴と共にぶらさげている札には「ぼくが招くよ、運来い、来い」と。

いや~、本当、君達のおかげで、つつがなく旅を終えることができのかもね。
どうもありがとうね!



☆Back →  神々をめぐる熊野路の旅 vol.4




[PR]
by kiratemari | 2005-10-18 18:48 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiratemari.exblog.jp/tb/2905251
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

「きらめきの刹那」 別館     花や史跡の探訪記録や     源平&時代物ドラマ話など   何でもござれの雑記帳


by kiratemari

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

最新の記事

夏旅(2)上高地
at 2017-08-22 22:07
夏旅(1)白馬安曇野
at 2017-08-18 22:05
ひまわりの丘公園
at 2017-08-11 09:18
桜回顧(10)大原野
at 2017-08-09 22:01
紫陽花咲く長谷寺
at 2017-08-07 20:22
なにわ淀川花火大会
at 2017-08-05 23:02
桜回顧(9)長谷寺
at 2017-08-03 22:10

リンク

カテゴリ

お知らせ
歴史語り
「きらめきの刹那」関連
書籍
テレビ
エンターテイメント
グルメ
関西探訪
├京都
├大阪
├兵庫
├奈良
├滋賀
└和歌山
旅の記録
├東北
├関東
├中部
├北陸
├四国
├中国
└九州
お出かけ
つれづれ

タグ

(571)
(245)
(159)
(132)
(111)
(109)
(93)
(86)
(63)
(47)
(41)
(40)
(34)
(23)
(21)
(20)
(16)
(14)
(12)
(11)

最新のコメント

 川が綺麗なグリーンです..
by ちゃんちゃん at 08:02
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 22:48
 さすが手鞠さんという写..
by ちゃんちゃん at 08:17
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 23:11
 凄い景色ですね!! ..
by ちゃんちゃん at 08:27
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 21:52
 なばなの里、良いですね..
by ちゃんちゃん at 12:20
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 18:09

最新のトラックバック

「天龍寺の蓮たち」/京都..
from 京の昼寝〜♪
アジサイ、梅雨に鮮やか
from ローカルニュースの旅
醍醐寺の紅葉◆3
from ディア・ルカラシティ
晩秋の風物詩 長谷寺で紅..
from ローカルニュースの旅

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧