「ほっ」と。キャンペーン

神々をめぐる熊野路の旅 vol.4

c0057946_17204961.jpgさて、二日目は、勝浦より車で10分ほどの新宮・熊野速玉大社からスタート。こちらは街中にあるため、車を降りれば「そこが神社」というお手軽ロケーションで、昨日の那智大社とは大違い(笑)。しかし、まだ朝の早い時間帯のせいか、やっぱり人出はまばらでしたね。




 
熊野速玉大社は本宮に対し「新宮」とも呼ばれ、大河『義経』で御馴染み(?)の疫病神さん「源行家」もこちらにゆかりの人物ですね。

この速玉大社は明治16年(1883)に火災で焼失し、その後、長らく仮社殿の時期があり、昭和28年(1953)にようやく再建が成ったものの、焼失前と全く違う姿となったため、三山の中で唯一文化財指定は受けていないのだとか。それでも、那智大社と同様、朱塗りがまぶしいばかりの社殿はとても華やかで、都の貴人方も好みそうな風情。

ところで、この社の一角には、熊野御幸をされた歴代法皇・上皇・女院・法親王の名が刻まれた石碑もありました(昭和58年献納ですので石碑自体は年季物ではありませんが)。

c0057946_17233122.jpg

最高訪問回数を誇るのは、もちろんあの方・後白河法皇様(33回)。
以下、後鳥羽上皇(29回)、鳥羽法皇(23回)、白河法皇(12回)、待賢門院(9回)と続き、院政期の馴染み深い女院方も数多く名前を連ねています。

そして、ここで2つ目の「牛王神符」も無事ゲット(500円)。

c0057946_172935100.jpg
    山     熊
            
       印

    宝     野



こちらのは「熊野山宝印」と書かれているそうですが、わかるような、わからないような…(汗)。

さて、速玉大社を出ると、そこから目と鼻の先にある神倉神社も、源頼朝が538段の石段を寄進したといわれるゆかりの場所なので、立ち寄るべき所でしたが、私以外に何ら興味のない二人をあまり道連れにもできないので、こちらはパス。で、本宮へ向うこととなりますが、その途上に「瀞峡(どろきょう)」と呼ばれる景勝地があるので、先にそちらへ。
 
国道168号線(十津川街道)を北上し、およそ30分で「瀞峡めぐり」のウォーター・ジェット船の乗り場がある志古に到着。ところが、このジェット船、1時間おきの運航で、何と9:30分発がつい今しがた出たばかり…(涙)。しかも、所要時間が往復で2時間弱と、次の10:30発に乗った場合、戻って来られるのが12時半。まだ、この後にも予定があるのに、こんな何もない所で1時間も潰すわけにはいかないと、涙を飲んで断念するしかありませんでした。

思えば、宿での朝食が和風バイキングでコーヒーがついていなかったので、館内の喫茶室でモーニング・コーヒーと洒落込んだのが、つまづきの元か…。昨日は何かと結果的には「ついてたね!」と言っていたツキも消えたようで少しガックリ。いや、あらかじめホテルででも、きちんと船の時間を確認しておけば済んだことなのですけどね(汗)。

でも、何となく諦めきれないのと、例のガイドブックの地図を眺めていて、車でも瀞峡まで行けそう…なんてことを考えていたので、「これは一丁、行ける所まで行ってみるか?」ということに。

c0057946_1734240.jpg再び国道168号線を北上して、間もなく本宮方面との枝分かれ地点に差し掛かり、向って右側の国道169号線へ突入。
この道は、国道とは言いながら、ほとんど1車線で、すれ違いもままらない箇所も数多く、対向車と出会う度にヒヤッとさせられ通し。幸い、交通量が少なかったのでまだよかったですが、それでも、大型バスなどはとても通れないでしょうね。

こうして40~50分ほど車を走らせると、とうとう行き止まりに。閉鎖中のレストハウスがあるぐらいの鄙びた所でしたが、熊野川の川原がすぐそこで、のんびりとカヌーを漕ぐ人や渓流釣りを楽しむ人の姿がありました。とりあえず、車から降りて川原の方に歩いて行くと、ここにも「瀞峡めぐり」という垂れ幕が…。

実は「瀞峡」というのはここから奥がメイン・ステージ。

c0057946_17364841.jpg先ほど乗り遅れたウォーター・ジェット船も、ここまではただ単に川を上って来るだけだったのです。恐らくは、あの細い道路がネックで、観光バスなどではここまで来れないので、分岐点より手前の、あんな遠い場所に乗り場を設ける他なかったのでしょう。

志古からだと往復3340円の所、こちらの和船では一人1500円。要は1840円分を車で来たということになります。

c0057946_17373420.jpgとはいえ、こちらの船はモーター搭載とはいえ小さな「和船」ですから、一概にウォーター・ジェット船と比較できるものではありませんが、逆に、これは気候がちょうど良い時期だったこともありますが(暑くも寒くない)、ガラス窓ごしに見るよりもずっとクリアーな視界に、風や川の流れにも直に触れられて、また、船頭のおじさんの解説も味があって…と、断然こちらの方がおススメ!

もう「よくぞ乗り遅れた!」という感じでしたよ(笑)。おまけに、船頭さんが一人100円ずつサービスしてくれたので、三人で都合5820円の節約にもなりましたし…(ただし、車のガソリン代は差し引かないといけません)。


c0057946_17401245.jpg

大自然の大きさと神秘さに浸れる「瀞峡めぐり」―この感動はとても言葉にはできません。また、カメラ好きにはたまらない被写体も満載ですし、熊野詣での際には、是非とも、この和船体験をお勧め致しします(ただ、車の運転に自信のない方、車・船など乗り物酔いが心配という方にはお勧めできませんが…)。

いや~、それにしても、転んでもただで起きないどころが、宝くじにでも当たったような気持ち…。何だかよくわかりませんが、まだまだツキは残っていたようです(笑)。



《メモ》
熊野速玉大社-和歌山県新宮市新宮1(0735-22-2533)
瀞峡-和歌山県熊野川町玉置口(熊野川町産業建設課 0735-44-0301)
 ・ウォータージェット船-和歌山県熊野川町志古(0735-44-0331)
 ・和船-和歌山県熊野川町玉置口(民宿「はるや」0735-46-0703)




☆Next → 神々をめぐる熊野路の旅 vol.5(最終回)

☆Back → 神々をめぐる熊野路の旅 vol.3



[PR]
by kiratemari | 2005-10-16 22:45 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiratemari.exblog.jp/tb/2898041
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

「きらめきの刹那」 別館     花や史跡の探訪記録や     源平&時代物ドラマ話など   何でもござれの雑記帳


by kiratemari

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

最新の記事

京の雪景色~大原野神社
at 2017-02-24 20:33
京の雪景色~智積院&通天橋
at 2017-02-23 21:46
明石海峡大橋に沈む夕日
at 2017-02-21 21:48
京の雪景色~清水寺
at 2017-02-17 21:50
京の雪景色~東山界隈
at 2017-02-15 22:18
長浜盆梅展
at 2017-02-13 22:09
彦根雪景
at 2017-02-09 21:38

リンク

カテゴリ

お知らせ
歴史語り
「きらめきの刹那」関連
書籍
テレビ
エンターテイメント
グルメ
関西探訪
├京都
├大阪
├兵庫
├奈良
├滋賀
└和歌山
旅の記録
├東北
├関東
├中部
├北陸
├四国
├中国
└九州
お出かけ
つれづれ

タグ

(545)
(245)
(159)
(132)
(111)
(100)
(93)
(86)
(63)
(47)
(41)
(40)
(34)
(23)
(21)
(20)
(16)
(12)
(11)
(11)

最新のコメント

Commented b..
by nekonezumiiro at 21:03
 こんばんは。以前「関西..
by nekonezumiiro at 21:20
nekonezumiir..
by 手鞠 at 19:48
 こんばんは。単品販売が..
by nekonezumiiro at 21:55
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 21:39
塔の朱を雪の白が引き立て..
by ちゃんちゃん at 23:46
ですよね~(汗) ..
by ちゃんちゃん at 23:53
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 20:02

最新のトラックバック

「天龍寺の蓮たち」/京都..
from 京の昼寝〜♪
アジサイ、梅雨に鮮やか
from ローカルニュースの旅
醍醐寺の紅葉◆3
from ディア・ルカラシティ
晩秋の風物詩 長谷寺で紅..
from ローカルニュースの旅

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧