厳寒の日本海・東尋坊

c0057946_1918959.jpg




 
お正月ボケも抜けきらぬ間の三連休。
最終日の11日だけ日帰りながらちょいと福井県・越前方面へ遠出をして参りました。

冬の越前といえば…



c0057946_21461873.jpg

やっぱりコレなんでしょうが、何とも勿体無くも今回はただ水槽越しに拝んだだけで、残念ながらご縁はございませんでした (^^ゞ

ということで、まず最初に訪れたのは国の天然記念物であり、名勝にも指定されている東尋坊。




c0057946_21472528.jpg
(この画像はクリックで拡大表示可)


c0057946_21475826.jpg



c0057946_21502449.jpg

今から約1200~1300万年前に起きた火山活動によってできた火山岩が、打ち寄せる日本海の荒波の侵食により岩肌が削られて形成された断崖絶壁で、高さ25~30mほどの崖が周囲およそ2kmにわたり続いていると言います。



c0057946_21483479.jpg
(この画像はクリックで拡大表示可)


c0057946_2149172.jpg



c0057946_21493096.jpg



c0057946_21511039.jpg

東尋坊といえば、この柱状に見事にカットされた岩石。
機械でもこんなに複雑な形にカットするのは難しいのではないでしょうか。

それはさておき、この「東尋坊」という名称。
「○○坊」といえば「武蔵坊」「常陸坊」「土佐坊」など、もっぱらお坊さんの名前に使われることが多いですが、こちらも同様に、勝山にある平泉寺というお寺に「東尋坊」なる僧がいました。それもただの僧ではなくいわゆる悪僧。

時は平安時代末期の寿永の頃。
手のつけられない暴れ者の東尋坊にほとほと困り果てた平泉寺の僧達は、ある日、こぞって海辺へ見物に出掛けくだんの岩の上で酒盛りを始め、興が乗り酒に酔って東尋坊がうたた寝を始めたのをこれ幸いと、絶壁から突き落とし殺してしまったというお話。

しかし、突き落とされてもただでは起きない東尋坊(爆)。
その無念はやがて怨霊となって大嵐を巻き起こし、激しい雷雨に打ち寄せる大波は東尋坊を手にかけた僧・真柄覚念(まがらかくねん)をも海に引きずり込み、以来、毎年命日の4月5日の前後になると海は大荒れとなり、雷雨は平泉寺を目がけて東へ向かって行った……というような伝承が伝えられているようです。

寿永(1182-1183)といえば、まさに源平争乱の真っ只中。
北陸では木曽義仲の軍勢vs平家の倶利伽羅峠の戦いが起きたのが寿永2年(1183)ですし、東尋坊の所属した平泉寺は白山神社の拠点の一つであり北陸における一大武力集団で(いわゆる比叡山延暦寺のような僧兵がわんさか)、義仲vs平家の争いにも大きく関わった存在ですから、時代といい場所といい、何やら因縁めいたものも感じます。






c0057946_21514314.jpg
ところで、断崖絶壁の向こう側にうっすらと見える島影がありますが、これは「雄島」。




c0057946_2152232.jpg
(この画像はクリックで拡大表示可)

周囲2kmほどの小さな島で、全長224mの朱塗りの雄島橋で結ばれて陸と結ばれていますが、この島がまた少々いわくありの島のようで…。

先ほどの説話の影響もあってか、東尋坊は自殺の名所としても知られ、その御遺骸が潮の流れによって流れ着くのがこの島なのだとか…。そのせいもあっていわゆる心霊スポットとしても有名なのだそうです。いや、それを知ったのは帰って来てからこの記事を作成するにあたっていろいろ検索していて行き当たったもので、事前に知っていたらたぶん立ち寄らなかったでしょうね。




c0057946_21522969.jpg

ということで、雄島へ (^^;
遠目には綺麗な朱塗りの橋に見えましたが、いざそば近くから見ると剥げちょろけ…。



c0057946_21531467.jpg

これだけとっても、遠くから眺めておくだけにしとけば良かったかも…。



c0057946_21534199.jpg

こちらも東尋坊と似たようで少し違う形ですが、柱状の岩石が連なっています。
ぱっと見の印象では東尋坊は上が抉れていて、雄島は下の方が抉れているという感じで…。




c0057946_21541479.jpg

雄島の入口に建つ鳥居は島の南東部にある大湊神社のものですが、今回訪ねたのはここまで。ちょっとお天気も怪しい感じでしたので、ここで引き返してしまいました(あるいは無意識の内に回避しようとしたのかも?)。




c0057946_21552024.jpg

間断なく押し寄せる冬の日本海の荒波。
その遥か向こうには雪を頂く山の峰々も。




c0057946_21554435.jpg

少し加工して画面を暗くすると雪山の様子もご覧いただけますでしょうか。









ということで、あいにくの曇り空の下だったのだけは残念でしたが、初めての東尋坊見物。
「これぞ冬の日本海!」という風と寒さは体感(それでも寒波と寒波の狭間でしたのでまだマシだったと)できましたので、まあよしでしょうか (^^ゞ



【このページの写真&動画は平成22年1月22日に撮影したものです】



《メモ》
  東尋坊 【地図】
   福井県坂井市三国町安島
[PR]
by kiratemari | 2010-01-13 19:24 | ├北陸 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiratemari.exblog.jp/tb/13477909
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

「きらめきの刹那」 別館     花や史跡の探訪記録や     源平&時代物ドラマ話など   何でもござれの雑記帳


by kiratemari

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

最新の記事

平等院・夜間特別拝観
at 2017-11-21 23:01
紅葉絶景~乗鞍
at 2017-10-12 20:46
夏旅(3)モネの池
at 2017-09-26 21:57
夏旅(2)上高地
at 2017-08-22 22:07
夏旅(1)白馬安曇野
at 2017-08-18 22:05
ひまわりの丘公園
at 2017-08-11 09:18
桜回顧(10)大原野
at 2017-08-09 22:01

リンク

カテゴリ

お知らせ
歴史語り
「きらめきの刹那」関連
書籍
テレビ
エンターテイメント
グルメ
関西探訪
├京都
├大阪
├兵庫
├奈良
├滋賀
└和歌山
旅の記録
├東北
├関東
├中部
├北陸
├四国
├中国
└九州
お出かけ
つれづれ

タグ

(572)
(247)
(159)
(132)
(111)
(109)
(93)
(86)
(63)
(47)
(41)
(40)
(34)
(23)
(21)
(20)
(16)
(14)
(12)
(11)

最新のコメント

ちゃんちゃんさん、ご無沙..
by 手鞠 at 17:35
 紅葉も良いですが、ライ..
by ちゃんちゃん at 08:03
鍵コメ様 諸事情に..
by kiratemari at 23:11
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 17:41
徐々に日常に戻られてます..
by ちゃんちゃん at 00:00
遅ればせながらこちらにも..
by 手鞠 at 20:27
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 20:26
お帰りなさい! 少し落..
by ちゃんちゃん at 22:58

最新のトラックバック

「天龍寺の蓮たち」/京都..
from 京の昼寝〜♪
アジサイ、梅雨に鮮やか
from ローカルニュースの旅
醍醐寺の紅葉◆3
from ディア・ルカラシティ
晩秋の風物詩 長谷寺で紅..
from ローカルニュースの旅

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧