『天地人』vol.27「与六と与七」

こちらの方はとんとご無沙汰でしたが、そのご無沙汰のうちにいつの間にやら折り返し点も通り過ぎてしまっていたようですね σ(--;)

ホント半年なんてあっという間!
でも、1回の放映時間は妙に長い… (^^;



 
しかし、見れば見るほど、上杉が主役である必然性のないドラマですよね。
あくまでも主役は秀吉にその後は家康でしょう。結局、彼らを中心にしないと話を動かせないようで、彼らと関係のない上杉固有のエピソードは全てお手軽ナレーションで瞬殺という具合ですから、登場するのはデジャブな話題ばかりでどうも新鮮味に欠けると…。

今回の義経vs頼朝の争いを彷彿とさせる無断任官問題は言わずもがな、秀吉の兼続引き抜き作戦や大国実頼の改名問題なども『独眼竜政宗」の二番煎じですからね(兼続=片倉小十郎、実頼=鬼庭綱元)。

この勢いで兼続が「殿より先に子を儲けるのは申し訳ない」と生まれたばかりの我が子の命を絶つ宣言でもしてくれれば「それは見上げた忠義心」と拍手を送っても構いませんが、あれだけ事あるごとに「愛」を連呼する(させる)軟派の兼たん(脚本家さんに)にそんな気骨のあるセリフを吐く(吐かせる)度量があるとは思えませんし。

それはさておき、こうも毎度毎度、秀吉や家康頼みのドラマ作りをしていると本当にお腹一杯で飽きられてしまいますよ。『利家とまつ』、『功名が辻』と来て、一昨年の『風林火山』は同じ戦国物でもこの前時代でしたのでまだ目先を変えることができましたが、再来年はまた両雄とも登場するのは疑いのない所ですから、バランスを考えれば今年は地方史に重きを置いた内容にしてくれていた方が個人的にはもっと喰い付きが良かったろうにと…。せっかく京・大阪、そして江戸からも距離を置く地方雄藩が素材だったわけですから。

とはいえ、メジャーでない話ほど原作者や脚本家の力量次第でいくらでも膨らませられる反面、魅力的なキャラ造型や史実との擦り合わせなども格段に難しくなりますから、二の足を踏むのもわかります。下手に歴史に深く切り込んで、斬新な解釈など提示しようものならすぐにバッシングの嵐にさらされることにもなるでしょうし、なるべく当たり障りのない線で収めようと…。

でもまあ、それならそれで、もうちょっと一本芯の通ったちゃんとしたお話作りをしましょうよ。
家族やお友達が大事というなら、事後報告ばかりでなく、縁組や婿入りの経緯などもちゃんと画面で見せて下さい。兼続と実頼の確執が今後の一つの見せ場になるなら、秀吉に対する弟秀長も出して来て然るべき。あるいは、秀吉のヘッドハンティングに靡かない兼続の忠義を強調するなら、簡単に秀吉の許に走ったという不忠者(ドラマ上ではそういうことになっているみたいなので)石川数正を出さない手もないですよね(少なくともこの段階では福島正則を出すより有効的)。

そして、もう一点、兼続と実頼が共に他家へ婿入りとなって、生家の樋口家の跡継ぎはどうするのでしょう? 実際は二人の下の弟が継いだようですが、ドラマ上では今の所存在しませんし、これからあの後妻さんが生むということかしら?

あと、子供時代には二人の下に「妹」がいたように記憶しているのですが、彼女はいったいどこへ行ってしまったのでしょう? 早死にしたとも嫁に行ったとも聞きませんし、制作陣は彼女の存在をすっかり忘れてしまっているのでしょうか?
それとも私が見逃したor聞き逃しただけですか??? (・・?
[PR]
by kiratemari | 2009-07-07 20:16 | テレビ | Trackback(2) | Comments(4)
トラックバックURL : http://kiratemari.exblog.jp/tb/11899413
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 天地人のすべて at 2009-07-08 13:22
タイトル : 天地人のすべて
天地人についての情報サイトです。よろしければご覧ください。... more
Tracked from ドラマナビ at 2009-07-13 19:28
タイトル : 天地人 視聴率推移 NHK大河ドラマ
NHK大河ドラマ天地人 初回視聴率24.7%で、視聴率絶好調だった前作『篤姫』の20.3%を越えた。このまま篤姫の最高視聴率29.2%、平均視聴率24.5%を越えることができるだろうか?戦国武将ブームの中、妻夫木聡の演技に期待したい。... more
Commented by 平ななし盛 at 2009-07-10 21:04 x
まずは遅ればせながら 6周年おめでとうございます     義経から、もうそんなに経つのか・・・・(感慨)
さて微妙路線 邁進の大河ですが、最近はそこそこ頑張っていると思います
これは私も含め各所で聞く声ですが笹野秀吉の奮闘にあります
チーム戦、、、4番打者1人だけが傑出しても勝てるものでもありませんが笹野秀吉の存在は噴飯、不可解大河をこのところ形あるものにしてるなぁ~という気はします。
さて、やはり手毬さんもお感じになられましたか? 私も即座に後白河と義経、頼朝を想起しました
平安バージョンでは、兄弟の仲を引き裂き源氏の弱体化が目的でしたが、安土桃山バージョンは何なんでしょうね?
味方になってくれた上杉の弱体化を図っても無意味だし  結論として秀吉の幼児性と私はしました(笑)
Commented by 平ななし盛 at 2009-07-10 21:05 x
でも相変わらず手毬さんの着眼点 さすがです!  樋口家の跡継ぎ問題に気づかれるとは!
本当にそうですよね   2人も養子に出したのでは     調べると与八さんてのが、いらして樋口家を相続されたらしいですが
でも、あの色ボケパパから、そのての煩悶  聞いたことないですよね?   
実頼 が養子に行く前に赤ん坊誕生のエピってありましたっけ?  
そこまで伏線張っての 色ボケパパ結婚はしゃぎ場面なら少しは製作サイド見直しますが・・・・

こういう突っ込みを味わえるから本体は駄作でも、ネットを通して楽しめるというものです
石川数正を出すことでの対比の妙、、、誠にそうですよね!
ドラマ作りで対比の妙、、たとえばキャラにしても  好きな海外ドラマ「CSI」なんか見てるとつくづくそう思います
Commented by 手鞠 at 2009-07-11 21:04 x
平ななし盛さん、こんばんは~♪
ご祝辞どうもありがとうございます。
本サイトの方は義経の半年前から始めましたので、まだ6年にはなっていませんが、それでも時の流れの速さには感慨深いものがありますね。

おっしゃるように、笹野秀吉がメインの場面は引き締まりますね。
もしこの方がいなかったらどうなっていただろうと思うところも (^^;
ただ、対家康などのような見応えのあるシーンと、上杉勢がらみのそうでないシーンとの落差が、制作側の意図的な狙いがあるにしても、ちょっとチグハグすぎないかと思う部分もあります。

兼続とのぬるい遣り取りの合間にも、端々に鋭さや怖さのようなものが垣間見える部分があるとまた違うのではないかと…。
Commented by 手鞠 at 2009-07-11 21:06 x
樋口家の跡継ぎ問題は、とりあえず与七の後に控える次の候補が出てくるまでは婿に出さないというのが相場だと思うのですが。
それでも、まあ、将来後妻さんが与八ちゃんを生んでくれればよし、そうでなければ今回生まれたばかりの娘に婿をとるか、はたまたもう一つ裏技と言えば、婿入り先で生まれた孫の一人を養子にもらうという手もありますね。『独眼竜政宗』の愛姫さんも確かそういう約束で嫁いで来ていましたし。

でも、それならそれで、本当は婿入り時にでも問題提起しておくべきと思うのですが…(-_-;)

「きらめきの刹那」 別館     花や史跡の探訪記録や     源平&時代物ドラマ話など   何でもござれの雑記帳


by kiratemari

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

最新の記事

平等院・夜間特別拝観
at 2017-11-21 23:01
紅葉絶景~乗鞍
at 2017-10-12 20:46
夏旅(3)モネの池
at 2017-09-26 21:57
夏旅(2)上高地
at 2017-08-22 22:07
夏旅(1)白馬安曇野
at 2017-08-18 22:05
ひまわりの丘公園
at 2017-08-11 09:18
桜回顧(10)大原野
at 2017-08-09 22:01

リンク

カテゴリ

お知らせ
歴史語り
「きらめきの刹那」関連
書籍
テレビ
エンターテイメント
グルメ
関西探訪
├京都
├大阪
├兵庫
├奈良
├滋賀
└和歌山
旅の記録
├東北
├関東
├中部
├北陸
├四国
├中国
└九州
お出かけ
つれづれ

タグ

(572)
(247)
(159)
(132)
(111)
(109)
(93)
(86)
(63)
(47)
(41)
(40)
(34)
(23)
(21)
(20)
(16)
(14)
(12)
(11)

最新のコメント

ちゃんちゃんさん、ご無沙..
by 手鞠 at 17:35
 紅葉も良いですが、ライ..
by ちゃんちゃん at 08:03
鍵コメ様 諸事情に..
by kiratemari at 23:11
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 17:41
徐々に日常に戻られてます..
by ちゃんちゃん at 00:00
遅ればせながらこちらにも..
by 手鞠 at 20:27
ちゃんちゃんさん、こんば..
by 手鞠 at 20:26
お帰りなさい! 少し落..
by ちゃんちゃん at 22:58

最新のトラックバック

「天龍寺の蓮たち」/京都..
from 京の昼寝〜♪
アジサイ、梅雨に鮮やか
from ローカルニュースの旅
醍醐寺の紅葉◆3
from ディア・ルカラシティ
晩秋の風物詩 長谷寺で紅..
from ローカルニュースの旅

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧